うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

生き物のいる場所

これが、サンショウウオのたくさんいる上の池です。向こう側、土の崩れた部分から水が湧き出しています。手前の石積みの部分はぼくが杭を打って毎日少しずつ石を積んで、岸にしました。石の隙間、水の浅い部分が弱い生き物の居場所となるように。 自然のまま…

孤独なサンショウウオ

眼をつぶらされ車で移動させられたようなものなので移動した先では自分がどこにいるのかわからないはずなのに、なぜか、2時間もすると、そいつは下の池にいる。下の池の一番端の、泥の上の同じ場所に同じようにこちらに背を向けて、じっとそこにいる。 なぜ…

上の池、下の池

最近、ようやく空気が緩んできてすこし、外なんぞをどんなもんか、夜に月や、星や池を見に行ったりします。 昨日の満月の夜には、すっかりもういなくなったと思った、サンショウウオが四匹も五匹も絡み合って、あたらしい卵のわきでにらみあいだか、喧嘩だか…

ビオトープ、渇水期に備えて

水中ポンプを買いました。安いバスポンプか金魚用ので充分と思っていたけれど結局、ある程度しっかりしたポンプで、テラダSL-52にしました。数週間の頭の中の変化と行動の変化は以下。 最初は自然に対し、あるがままに余分なことはしない。そう思ってすべて…

いきもの騒ぐ

ももへの手紙というアニメ映画を見ました。ひとことで言って、となりのトトロのような普通の人に見えないなにかが出でくる映画でした。 見終わって、みえないものがかわいい余韻をひきずりながらお風呂、お風呂のついでに本など読んでいました。(ひとつのこ…

きのこ三段活用

林のなかで散り散りになって引っかかっている太い枝をチェンソーで切りながら拾い集めていました。 下をみたら、地面の埋もれ木から生えるいくつものキノコ発見。 たぶんシイタケ。きっとしいたけ、椎茸に違いない、いまのところ、体調に変化はないので、間…

ビオトープ

ビオトープを作りたいと思っていたのを思い出しました、山の出口とうちの裏の間には沢があります。山の水が粘土層の切り崩しから流れてくるのでその山肌から染み出る水を受けて流すため作った溝が、いまや自然の沢みたいになっています。 削って作ったのに、…

裏山のサンショウウオ

家の裏山に、沢の流れの下が小さなたまりになっている場所があります。 そこにもいました、3匹ほど。 トウホクサンショウウオ 写真中央に1匹見えます。 からだ全体をくねらせて、泳いだり 止まったりする姿は、ユーモラス。 うちのは泥の中にもぐっているけ…

鳥の鳴き声

朝早くしかも、雨もちらつくなか、元気に鳴いて起こしてくれるあなたは、だあれ(怒)。 朝からインターネットで鳥の鳴き声検索をしていました。窓の外の、リアルの鳴き声を聞きながらベッドサイトのパソコンの音声と比較して これは違う、これも違う。 いろい…

行者ニンニク

雪解けの畑の端から、なにか大量に生えてきた。 わかる人に聞くと、行者にんにくだそう。 たしかに、ニラとも、ねぎとも、ニンニクとも違う、 けれど、おいしそうな柔らか臭い匂いがする。 しめしめ、ねぎはサルに食われたけれど これのうまさに、まだヤツラ…

知恵比べ

ヘイ、サル、カモンね。 そして誘い、サルへ向けてパイプを構えたぼくは、用意周到、ロケット花火に点火。 有効射程距離30メーター、耳元でパンと鳴らして びっくりさせ山へと追い払うという算段。 里は怖いものと教えなくてはだんだん慣れていったり食べる…

サンショウウオに迫る危機

また、山の水路の枯葉ひろい掃除をしていたらなにやら枯葉の中でもがいているものを発見。 泥まみれでよくわからないので、キレイな水に入れてみたのですけれど、それでも泥をつけたがる、枯葉に隠れたがる、暗いとこに行きたがる。 で、、これなに? なんだ…

タネがいっぱい

いや、大げさでなく、いっぱいなんです。 グランドカバーなんてしゃれた物言いではなく、とにかく草をはやしたい、 雑草でもパイオニア植物でもなんてもよくて、 とりあえず、クローバーがよかろうと 種をタネ屋さんに頼みました。 崖が崩れたり、地面がねち…

夜中の口笛

鼻が詰まった大きな寝息のような、というかヒューという口笛のような音で、ラの音程。一秒鳴いて、数秒休んでという感じでずっと続く。 すぐそこに聞こえるのがなんとも気持ちが悪く、うなされて目が覚めましたもしかして、ひとか? いや、少し離れたところ…

サンショウウオの水たまり

最近は、まだ明るいうちに帰宅します。そして、裏のほうの水たまりに行ってぼうっと、林の木々を行き来する鳥や水たまりを見ています。なにかこう、リセットされるというか。 あのサンショウウオは、あれから見ていないのでもう引っ越ししたかなと、だんだん…

ステンレスキッチン

このなにげにとんでもないキッキンがついてました。 実用性重視の田舎らしくステンレスの業務用。不動産屋さんに「街っぽいシステムキッチンではないですが大丈夫ですか?」と聞かれたけれど、とんでもない。思いがけないプレゼントでした。おくびにも出しま…

同居

かねて天井ちかくの天袋の換気孔になにかの動物が穴をあけて住みついていたようでした。 なんの足場もないところに、いったいなんだろうハクビシンかな。穴をのぞくと、なんだか草藁もあって立派にベッドができていました。一応、木でがっちりふさいで様子見…

山と庭の間

写真はj窓から見える庭と、山との境目。おなじように枯葉が舞い落ちているのでわかりにくいのですけど。 間には山を切り崩して土のままの水路溝が作ってありました。山に入るのに、激しく飛ぶ必要があるので簡単な橋を架けました。水路溝は、今後細長い池に…

びっくりしたお礼

いやあ、びっくりしたのしないのって、びっくりしたこと。もう、もう、くちあんぐりです。 休日の夕方、用事から帰宅したらトラックが家の前に数台暗い中にライト付けていまして。なんだ?と思ったら大工仕事をお願いしていた知人さんが、現場で残土として畑…

いなかの家

道と隣とうちとの区別がないというか、 縁側に来てこんにちはと声をかけられる便利なものはなにもない、修繕箇所多数。トイレも、風呂も昔風。 けれど家はなんとでも変えられるし慣れるもの。古いけれど明るい陽だまり。キャンプに行ってテント場を一番で探…

熊の看板

建物の裏側は、こんな感じでちょっと道路のりが崩れています。 家の脇に立て看板が立っていましてこれはなにかというと、 この周辺、熊でます。 熊、会いたくない動物の一つです。 目をそらさない、後ろを見せない。熊はいきなり突進してきて寸止めするので…

植木

最初に買ったのは、樹木。 マユミあぶらちゃんシロモジやまぼうしひめくちなし 高さ、成長、好みの場所など 考えたり勉強しながらお買い物。 お茶 イチジク あけび二つ 残念だけど熊が来るので あまり果物は植えられなさそう。 水の多いとこには(山から水が…

雑木林の管理

土日ごとに、家に行って、補修や管理をしています。 行くたびに、赤くなってきたり、黄色くなったりするこの窓に迫る山の景色。最初は、普通思うようにただの借景だと思っていたのですけれど山って、ただなにもしないとなんだか鬱蒼としてしまうということに…

ダンプで土運び

畑を作る以前に、庭が傾斜をしていて凹凸となっていたりするので、土をいれて植物を植えたいと思いました。 ←農家さんに畑の土をもらう 話は昔にさかのぼります。 子供の時、近くにコンクリートの工場があってそこに来るダンプを毎日見て過ごしてがーっと下…

樹を抜く

この家を買って、最初にやったことは、家に入るより先に、廻りのゴミ拾い庭に捨ててあった燃え灰の中のプラスチックや鉄などを拾うことでした。 土をならしたり、広がった雑草に絡まれて傷んだ木を伐採したり石をきちんとまとめて置いたり、そんな目で片付け…

住む想像

契約に先んじて隣の家に聞きに行ったときのこと。 購入を考えているんですけれど。 うれしいね部落は数世帯しかないから若い人がきてくれるのはうれしいみんな出て行ってしまったから。 と、おじいさん。 すごくいいとこ。紅葉もきれいだし、雪景色もきれい…

住む場所購入

不動産というより、求めていたのは住まう環境かな。 建物、設備、場所、環境、広さ、予算、頭の中で「盛って」は「手放し」あれこれ悩みながらもやがて、見えて来たのは、街ではないどこか。 住むだけなら街の中が便利だし、いまさらならば安いマンションで…