読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

あまちゃんライブ

あまちゃんを借りて観たのは、ひとつには、大友良英さんの音楽に興味があったからというのが、ありました。 大友さんのことを知ったのは浜田真理子さんの福島ライブに行ったら、ついでにでてきた、人という感じでノイズ?、ステージでスピーカー壊したりする…

走れ!ケー100

走れ!ケー100という番組がむかーし、ありました。友達もあまり見ているひとがいないコアさでした。 内容は、というと鹿児島の小学生の男の子が鉄工所で、大人と一緒に古い機関車を直してそれをむかし、夕張で操縦していた老人のところに届けに青年がかわり…

クマのプーさん

オーディオやさんとか、ジャズ喫茶に言ったりして話をすると、必ず出で来る質問ワード。 どんなの聞くんですか? ことば詰まります、クラシックのピアノ曲から、交響曲、ロックビックジャズ、スタンダードトリオやボーカル宗教曲、合唱、シンセとか、民族音…

和田誠小さな地球

ちょっとこれを書くのは緊張なのです。自分の中でついにかなったというべき夢の音源が手に入りました♪ それは、20歳のころ初等教育学部で勉強をしていた大学のころ絵本の拡大図書ボランティアをしていて出会った年上のひとのうちに行ったとき長岡バックロー…

あまちゃん

どっちかというと、クドカンは全く知らなくて音楽の方(大友さん)から興味を持った口です。ディスクをレンタルで借りて見ています。ただいま9枚目。 スト―リーは予備知識をほとんどな持たないようにして新鮮に、今を楽しんでみています。 太巻さんとひろみさ…

8年ぶり

あのね、移ろいゆくただの恋とか、他人に対し無責任ながんばれとか背負えるはずもないのに守ってあげるとか、そんな風に、ひとへ風呂敷を広げすぎることもなく、つまらないと自分の中で完結することもなく、 すでに解決した、自分の中での感情の高まりをたん…

1月は誕生月

自分の誕生日の当日にはそれを忘れるし 年齢すら時々忘れる、 もうそんなことすらどうでもいいと思っているのだけど。 生きてきたことをゆるして もらったみたいで、 ありがとうね、この曲。 いつの間にか、気づけば最前線だ。

二本立て

腰背中が痛むため自宅で映画を見ていた休日たまたまこの二本立て続けにみて似ている、というそのことにちょっと感じ入ったりしています。 だめだめ男気持ちに正直に未来と過去の連鎖をかえる普通しない選択をけど、ただしい選択をするという 二度はみないか…

ネット配信

なかでもハイレゾ音源というやつ。 CDとかのディスクの規格にとらわれないので音が技術の進歩とともにたやすくアップできそれをそのまま、ネットでダウンロード。 音を聴いて、はあ…という感じ。ためいきしかでません、もう。CDなんてもう、いらなくなっちゃ…

ふるさとがえり

ふるさとがえりというタイトルの映画。自主上映という形で、全国を回っているらしい。 なんだか内容とリンクするような仕掛けでリアルな感じ。熱意が、周りを巻き込んでいく。 ひとりの学生が発起人となっての主催だったので川内萩ホールという東北大学の中…

しんきろう

いまの車CDもあるのですが出でこないトラブルがあるのでラジオばかり聞いています。 でね、ラジオから流れる歌を聞くのですが、クラシックのメロディーに日本語歌詞につけて歌うのやめてほしいなと強く強く思うわけで。 オリジナルを聞いたときに、そっちの…

僕の道

最近、一日に一回は聞く曲。 いまさら吉田拓郎すか、という感じですが それがそうでもなく、なつかしいような 新しいような、パワーを持って迫ってくる。 歩いていても耳の中で響き、力がわく。 年代としては順が逆ですがこちらも好き。

縞模様のパジャマの少年

台風、雨上がり、空気が澄んでいく。けれど、夜、どうも気になるのは外から枕元まで響く水の音がずっとしていることなんです。 そういうのが好きだったのになんでかな、 水道の水を流しっぱなしにしてしまっているみたいな落ち着きのなさをまとった感じ。 な…

最近みた映画

高校のとき、(年間)400本みたという同級生がいました。刺激されて、ぼくも一週間に二、三回名画座に通い、頑張ってみたけれど、到底とどかず250本くらいだったかな。いまでもその当時見たものの記録は取ってあります。ナウシカを劇場でみたというのは小さ…

メモリー

もうずいぶんな時間、CDを棚の端から端まで探していました。でも見つからなくて、おかしいな初期の3800円もした時代に買ったような気がしていたんだけれど。だれかに貸したっけ?貸したとしても、もう記憶の途切れたかなたの向こうの時代になりつつあること…

海辺の家 映画

速めに仕事終わったとき、借りた映画をみて夜をすごします。ほかに一緒に借りた数枚は、途中で見る気をなくしてイジェクトしてしまったけれど、 これは、最後まで引き込まれながらみました。 主人公のみならずいろんな登場人物それぞれの立場思いになってし…

キツツキと雨

感動するとか、すごくいいとか、いうわけではないけど、なんかいいな、と思った映画。「キツツキと雨」 キツツキは出てこない。キツツキの映画でも、雨の話でもない。日本の田舎の村。 不安を抱える都会男子。 今の自分の時間はあしたまでの時間つぶしならば…

怖い映画

プロメテウスというSF映画を見ていました。SFだけど、ミステリーと、ホラーと混ぜたようなエイリアンと似ているリドリースコット監督の新作 それでね、半分目を覆いながら120インチのスクリーンでみていると怖いの…。で、これは作り物作り物と思っていると …

二曲で一曲

CDのオリジナルをプレーヤーで、と、圧縮音源をパソコンで同時スタートして聴いていたら曲の半分くらいではもうはっきりずれてくるんです。なんでだろう、どっちがどう間違っているんだろう、 ずれるで検索したら、http://b.hatena.ne.jp/articles/201204/84…

宮城県美術館

ゴッホ展を見に行きました。混雑していました。 ずいぶん絵が描かれた背景や、変遷について詳しく突っ込んだ紹介の仕方でした。キュレイターさんの腕の見せ所みたいな感じ。 ぼくは、ゴッホについて学習しようとかいう気はさらさらなく、むしろお腹いっぱい…

未CD化曲 自分用

LOVE YOU LONG 腰の低い位置で さだめ川 再会 アザミ嬢のララバイ~世情 その街のこども

HATSUKOI

坂本美雨HATSUKOI サウンドが今まで聞いたことがない(ぼくは)新しい感じなのは外国のなんとかいうひとのプロデュースの力が大きいのだろうししかもそういう大物さんたちと、小さい時からの知人だという下世話な言い方すれば、サラブレッド。 けれどそうい…

but beautiful

最初は、「遠い場所から」という、一曲しか好きではなかったこのアルバムあとは捨て曲かなあ、なんて思ってごめんなさい。止めるのを忘れてそのまま何回か聴いているうち、なじんでいく、肌を通り越してストレートに特異な歌詞が心に飛び込んでくる いろんな…

スピーカー製作1

ぼくはどうも北欧の音が好きみたい。 先日、いいなこのユニットと思ったらスウェーデンのでした、同時に無垢木のキャビネットの音の良さにも改めて気づ き、どうもむずむずしてきました。 これは人の作ったものを買わなくたって自分で作れるではないか。 い…

深町純

先日初めて買った深町純のCDは、遺作の一枚。もっと評価されていいような人。高校の美術の先生の息子さんなので存在は高校の時から知っていたしもっと早く聴いていてもよかったのに、今になってしまいました。もっと聴き集めたいというのが正直なところ。

GARNET CROW解散

「夢のひとつ」 が、ついえました GARNET CROWライブにいつか行きたいと願っていた。解散

春の雪

毎日一枚聴いたとして、あと一生の中で好きなものをそのうち何回聴けるのだろう、ときどき思う。そんなにたくさんの音楽が必要なのか。 聴かないCDとLPはたくさんあって。本は人生を豊かにするという。知らない知識を教えてくれる知らない人生を生きさせてく…

二冊ある。あった本がない。

同じ本を繰り返し読むということはめったになくて同じ本を二冊買うということはたまにある…。読んだのを忘れてということではなくて手元からなくなってしまったと思って大事な本はまた買うのです。そしたら、しばらくして、出てくるんだな、これがまた。人に…

いちごの甘い香り

野菜は買うことがまったくないのですが果物は、特に、桃、ラフランス、いちごは大好きなので、直売所へでかけてうろうろしたあと だいたい買います。 先日は、亘理町のいちごを買ってきました。いや、買ってきて、食べてまだ早いかな、と置いといたのです。…

短編集ユングフラウの月

昨日、庄野順三のことを書いたらふと、庄野英二のことを思いだし、本棚を探ってみた。ユングフラウの月という短編集。挿し絵は串田孫一 ぼくが、学生時代お茶の水の児童書専門店でバイトをしていた時、 ふとあるひとが、同人誌によせたぼくの文章を見てあの…

アンサリー ベスト 黒田恭一選

アンサリーという人の曲を聴きたくなってよく知らなかったので、調べてみたらベストが出ている。ではそれを、と買おうとしたら すでに品切れもしかすると廃盤。黒恭さんが、選曲したというその意味でも魅力的だったのであきらめきれずしばしネット徘徊。 あ…

動物の足跡図鑑

サルの住居侵入防止、周囲塗付すべく唐辛子スプレーを製作しようと、たくらむ一方で、こんな本を買いました。 いろんな動物の足跡が絵入りで載っている。糞のかたちや大きさも具体的に書いてある。…いや、そんなに具体的ではない。 そんなふうに見てみると、…

少年と自転車

最近 部屋が寒くて 映画をみていませんでした。 でも 正月タイクツなので レンタルで15枚くらい借りて暗くなってから毎日みていました。 アメリカものと 寅さん。 そして映画ウィークの最後の きょう観たのが 少年と自転車というタイトルで フランスぽいも…

サラオレイン

「サラに会える!スペシャルご招待」 なんて書いてあってなんだか、アイドルっぽい扱いですけどアイドルとは一線を画した素敵な声と歌のフィーリング。うまい例えが見つからないのが歯がゆい。詩が単語の羅列言葉になっていないような柔らかな独特な発声をし…

真空管やっと聴けるように

だんだん 山は赤くなり やがて 散りはじめたけれど家のなかに物は増えて あたたかく 眠る夜も さむくなくなってきたのが実感としてただありがたい 豊かになるってこういう感じなんだろう。 やっと 真空管アンプをきける 環境になってきた。 灯りを消すと 青…

ジャズの音めぐり

伏字があるので読みずらいかもしれませんがご勘弁。マクロビ食べもの店、RのTさんに誘われ県北ジャズカフェツアーに行ってきました。 カフェじゃないけれど最初に行った佐沼のアンプのガレージメーカーSさん宅で、預けていたぼくの2A3の真空管アンプを調整し…

ペンギンカフェ

ペンギンカフェが今日のゲスト、とラジオから流れてきたとき、懐かしすぎて耳の間違いかと思ったのでした。 ペンギンカフェオーケストラ主宰のサイモンジェフスさんの息子さんが新しくペンギンカフェというユニットを作ったのだとラジオで紹介、おわー とい…

大友良英 プロジェクトフクシマ

プロジェクトフクシマ先日、仕事のあと高速を飛ばし福島にライブを聞きに行ってきました。大友良英という人でギターのライブ…というのか、ギーン、ギュワーン、ギュワキュワ、クイーンキーン、というような、ライブパフォーマンス。 よかったです。大友少年…

不思議の国のアリス

好きなうただけ歌い 好きなうただけ聴いていたいんだ 家族でもない他人との社会の中で見えないルールで縛られるといき苦しくて逃げ出したくなる。知らずに決まっているルールがよく見えずむかしからずっと窮屈のまま。息をひそめてるしずかさではなく なにも…

恋の蛍

太宰治のことを今更言うのは、おこがましいのですが中学の時、心中という言葉を知ったのは、彼の伝記ででした。と、同時に、なぜ?しかも、ふたりとも、結婚していて、別の人となぜ?ただの自殺ではない、一緒に死ぬという形がどうしてもわかりませんでした…

ふたつの島

明け方よく夢を見ます。今日の夢。ぼくはピアノの録音を仕事にしていて。 ピアノコンチェルトなのだけれどピアノの音をクリアに録りたい。ということで、ピアノだけを舞台の上でガラスの部屋を作り隔離して、ピアノを録音オーケストラとは別取りして、トラッ…

うた

このごろラジオから流れてくるうた。(テレビないのでクルマのラジオだけ) 「守るよ 「大丈夫 「ぼくがいるからね えーとぉ、それって、いちばん大丈夫じゃないしぃいるからなんなのぉ? 思ってぶちっとチャンネルかえるぼくは時代からもう外れてるのかも…。 …

展覧会の絵で耳からうろこ

展覧会の絵、妙にここのところ聴きたくて繰り返しCDを聴いていました。 クラシックを聞くようになったのはそういえばこの組曲からだったなあと思い出していました。プログレロックのエマーソンレイク&パーマーいいなと思い、次に富田勳のムーグシンセサイ…

アリス=紗良・オット復興支援チャリティコンサート

舞台に大きな歩幅で足早に登場赤いドレスの足元は、はだし。 音楽がしっとりとした曲の前にはワンテンポ、上を向いて、やがて、なめらかに鍵盤の上で指が踊る譜面がない、すべて暗譜 作曲家とのやりとり音をつむぐ 聴いていて次第にこちらも覚醒 彼女の勢い…

合唱

合唱曲が好きで東京にいたときは、近くに公民館があったので毎週日曜日聞こえてくる練習の合唱曲を聞くのが楽しみでした。 あまりうまいと自宅でいれたコーヒーを片手にホールの廊下までついふらっと聞きにいったり。 でもいつも聞きたくて買おうとすると、…

ミッション・インポッシブル・ゴーストプロトコル

レイトショーに行って来ました。 レイトショー、一日を二日分使える気がして 好き。 仕事が終わった後のわくわく感と 暗闇の中の静かな帰り道 現実に戻るまでのゆったりした時間。 トムクルーズが好きで、ミッションインポッシブルの最新作。 ひとつの映画の…

キャンドル

キャンドルを作るなら まずは、ろうそくの科学をしらねば ということで、 ロウソクの科学という古典の本を。 あのファラデーが書いた本。 多分以前読んだことはあるとおもうんですが 覚えていなくて読み直し。 和蝋燭のことも書いてありました、 西の果ての…

小椋佳ライブ

「10年くらいまえ、日本は大きな構造崩壊をした。帰属を離れ 個が個の価値観を創造し構築していく作業をしなくては。」小椋佳 観客、またずいぶんと年齢層が高かったこと。ご本人も68歳だそう。(68という年齢がどういうことなのかピンとくるほど、よくわ…

デスクトップオーディオ

これは、パソコン仕事机の上。自宅で音楽を聞くことができなくなったので職場で構築。 アンプは、YS1LM3886搭載のアンプですが、1万円台という超安物です。 それをいつか、すったもんだのクロウでアメリカから輸入した、クリプシュにつなぎました。真空管の…

ケッヘル

むかーし、中学生の時FMレコパルとか、週間FMとか、FMファンとかそういう、雑誌を買って、番組表を切って、毎日録音、エアチェックに励んでいました。 帯番組で、レコード一枚放送なんていうときは、一日撮りそこなうとなんだか全部嫌になってしまったっ…