読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

高崎山のベンツ

高崎山自然動物園のサルのベンツが死んだとか。なんでそんなことがニュースになるんだろうと思ったらすごいサルだったんですね、まるで伝説のサル。 事実の羅列でいえば、サルの群れがABCとあり、そのなかのBのボスざるとして君臨していたがC群のなかのメス…

イモリのあかちゃん

みんな家を出て行って、空家になった池を草刈したり、張り出した根を切ったりして、少し手を入れました。 そして、台風。 よどんだ水がかき回され、キレイな流れができた池にちょっと元気がなくなってきた、いもりちゃんを放しました。 自由な流れにすいすい…

池空、瓶いもり

自然の中の池に水が循環するようにしたのにイモリも、サンショウウオもついぞ姿が見えなくなった、一匹もいない。ただ水だけがぐるぐる。 いったいなぜ。疑問が頭の中をぐるぐる。 やい。きみは、ここからは出られないぞ と、ビンの中のイモリにつぶやく。 …

循環水

これでもね、ずいぶんと考えたんですよ。 水があるときにはたくさん流れているのだけれどずっと晴れているときには、水が流れてこないのでお風呂の水を一日一回、流したり雨水をためて流したり、でもね根本的に水の流れが欲しいなと考えたんです。井戸を掘ろ…

ドクター魚

部屋に生き物の仲間が増えました。 ペットショップに行ったら、なんだかおもしろい魚がいたので連れ帰ったという感じ。 見た目、メダカみたいなんですけどおよぎ方が、オタマジャクシ。だるまさんが転んだ、的な瞬間移動的な動きをするのでめまぐるしいんで…

淡い緑のかえるちゃん

この世でいちぱんかわいい生き物(生物でも動物ではなく)って、小指ほどの小ささ(大きさではなく)の、緑色の(しっー。茶色ではないカエルのほう)目がくりん、として、ときどき首をかしげてこっちを(ときどきあっちを)見るアマガエル(断じて雨蛙では…

音の出ない花火

たくさん花火を買ってきました。これがいいかな、煙が出るやつはこないだ喜んでくれたからって、ね。 今度はなにやら、変な動きでひゅんひゅん飛び回る花火みたい。喜んでくれるかな、むふ。サルちゃん。 えーとね、爆竹は人間同士への合図にはなりますけど…

幼生

イモリの幼生とサンショウウオの幼生の違いを知りたくで、検索していました。 というのは、サンショウウオのたまごのなかに居た幼生よりも小さな おかしいなと思うほど小さなサイズの「サンショウウオ」が何匹か グループから離れたところに なにか水の流れ…

山からサル軍

ちょっと朝、作業をしていて、倉庫からでたら ひくい姿勢の影が動いたんです。 はっとして 戦闘体制に入りました。 サルは、あちこちに散った様子。 木の中にいるのもいれば、となりの家まで走って屋根に上ったのもいます。 まずはこちらから先制の爆竹です…

アヒルの子のカン違い

おたまじゃくし、もとの池にもどしてあげました。 隔離して保護なんて余計なことをしたようで元気なく痩せてきてしまい申し訳ない気持ちで 二日後、戻しました。 そして四日目、池を見ると、 いました。サンショウウオの横で夜中、泥に顔を突っ込み、もぐも…

昼のほたる

なんていったかな、これは光らない蛍。夜に寝て、昼に活動するので。活動といっても静かに座っていました。 成虫としては、ヘイケ、ゲンジと同じ1週間の命。 蛍と言っても、もてはやされる二種類だけじゃないんだと、思った遠い昔のことを思い出します。 サ…

みにくいあひるのサンショウウオの子

裏の池のたくさんのサンショウウオの集団のなかに混じり、明らかに成長の遅れた生き物が1匹、ぴろぴろと泳いでいました。なんだ、この頭のでかいへんなやつは。 幼児体系のまま大きくなったサンショウウオ? いやまさかそんな。 えっと。普通に、おたまじゃ…

羊飼いの夢 追記あり

朝、玄関を開けたら、家の前を4.5頭のサルが、のんびりと歩いていました。 そのあまりの悠々さに、一瞬自分はどこにいるのかと…。 ぼくのまえをお尻を掻きながら、山の林に消えて、 姿が見えなくなりました。 やたら悔しくそのあと爆竹花火で威嚇して威信を…

サザナミインコ

ペットショップで、きんぎょとか、うさぎとか、見ていたら、と知らないうちに鳥のコーナーに迷い込んでいて、あれれ?ありえない格好で寝ている鳥がいました。 インコって書いてあります。左側の鳥は、下に置いてある餌箱の間に挟まって、うつぶせで寝ていま…

サンショウウオの夕方

夕方5時、サンショウウオのご飯の時間。 先日から、ユスリカの幼虫のアカムシを買って与えています。ビオトープとかじゃなくなってきていますけど、まあいいかな。 だんだん、身体が大きくなってくるにつれ、食べ物が相対的に、減っているような気がしていて…

やまぼうしの花

雨上がり、やまぼうしの花にどこからか、たくさんのみつばちがやってきた。 せかせかしていない。ぼくが目に前にいて、覗き込んでも変わらずに穏やかに、ゆっくりと動いている姿は、自分自身がやらなくてはならないことを、忘れる瞬間でもある。

家族みたいに

夜の1時。休む前、いまも見に行ってきました。たぶん、二時間に一回くらい、見に行っています裏の池。サンショウウオの住む池。 なんでだろう たぶん、みんな仲良く、平和でいてくれるそんな場所に触れていたいのかも。なんとなくこたつに集まるみたいに。 …

ヤゴたぶん。

池の枯葉の下、ハンターのような目だけ輝かせてもぞもぞしながら、泥と同化していた全長2センチの、あなたはだれ? どうもなにかを狙って待ち伏せしているようだったのでイモリスクイでならした腕で、仕留めアカムシの豪華食事つき別荘にうつし飼いながら見…

クマ待ち

お隣の、と言ってもちよっと離れているけれど、 その方が、下のほうから歩いていらして、妙に咳払いして なんだろうと思って神妙に出ていくと、 いま、あっちの奥のほうの方から、連絡があり 家の横をクマが横切って行ったと。 それをわざわざいいに来てくだ…

しゃくやく

雨上がり、バラの写真撮っていいですか人のおうちの庭で言ったらシャクヤクです、と。バラとシャクヤクの区別がつきません。どっちも素敵です。 サンショウウオとイモリの区別はつきます。似ているけど、全然違う、それはもう恐竜と怪獣くらい違います。 雨…

裏庭の池

サンショウウオの池は、だんだんサンショウウオだけではなくなってきました。 いろんな生き物がある日突然、いるこれは、なんだ?と調べる日々です。おととい、これは、いととんぼのヤゴらしい。 体長7ミリくらい こういうの調べていると画像が気持ち悪いの…

閲覧注意

弱肉強食…なのか?カエルの下腹部に、ゲンゴロウがかみついてなんとか逃れようと、もがいているのだけれどカエルの手は、引き離すことをできないようでものの数分後、皮がはがれて…悶絶して。サンショウウオの池の夜。食うためなのかカエルを襲うとは。他人…

共食い

弱く成長が遅く小さいのを、食うのかと思っていたのだけれど…。実際、幾度もサンショウウオの口から、別のサンショウウオの尾が出ているのを見ると、その尾の大きさはけっして小さくはなくて、尾から想定するに、自分と同じくらいの大きさの相手を頭から食っ…

おたま

あたらしいおともだち。 裏山の水たまりから拾ってきました。 足も生えてきています。 外に置いている器の中なので、 あとは好きな時に家出をどうぞ。 きみは何蛙になるの?

たまごからかえって1か月くらい

トウホクサンショウウオは、流水が好き。 毎日水を流しています。 自然にもっとながれてくれればいいのに…。 トウホクサンショウウオの池は毎日、水が枯渇して隆起して もはや、自然の中では絶命の運命。 毎日ぼくの入ったお風呂の水をポンプでくみ上げ流し…

サンショウウオがまだいる?

一時期、サンショウウオが全く池からいなくなってああ、産卵期が終わったから、山に帰ったのねと思っていたところ、何匹かまだいて、しかも夜な夜ななにやら絡み合っているあれ~サンショウウオってそんなことするのぉ? おかしいな、とは感じつつやけに動きが…

金魚 場外へ

金魚ちゃんたち、昼間はみんな仲良しって顔してる。けど、夜に、ときどき いっぴき、にひき外に飛び出ていて死んでいたりする。 四匹に減った金魚ちゃん、さびしかろう、と三匹買って入れて、数日したらなついてみんなと一緒に指にキスしてくれるようになっ…

サンショウウオかえる

いつものように、池のあく取りのようなもので掃除をしていたら、細かいふるいに小さな黒いちいさなお玉しゃくしみたいなものがついてきました。ぴくぴくしています。 サンショウウオがかえったみたい。夜にしか姿を見せないけれどまだ、親サンショウウオが水…