うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

つながるつながらない

【業務日誌】

2月17日 天気、雪

10時 宮城県南部の丸森町に「自然農法」農家を訪ねる。
「自分のところの直販分だけ作るし、他に売る気はない」、
「数年畑を手伝ったなら人にそう言う紹介もできるかも」。
めげる。

12時 宮城県東部で生協に無農薬だとして出している農家団体を訪ねる。
ところが、無農薬ではなく、有機でもなく、たんに県の基準にそって作ることで
県の認定をうけているだけという。
がっくり。

1p2150594_1 14時 宮城県西部にでかけ、先日リサーチの30年近く無農薬無化学肥料だという農園を訪ねる。
玄関で奥さんに、無農薬八百屋だと(まだだけど)
自己紹介すると招き入れてくれた。さらにコーヒーをいただき、
これこれこれでこういうことをしたいと、話し…5分後

「そういうひとを求めていたのよ。
こんど直販店を出すから店長になって。あとホームページも管理して欲しいの」。

あ、そうですか、わかりました…そうじゃなくってぇ。

「どうして無農薬野菜がいいの?、
一回くらい農薬使ってもいいんじゃないの」と聞かれて
自分の思いを答えるとそれに対し、大きくうなずかれた。
その後、堰を切ったように、土のこと、農薬のこと、これはこう。
お互い、魔法にかかったように、うんうんそうそう
うなづきあい、気がついたら、
「畑を応援して欲しい、わたしも売れるよう応援する、
そして独立採算の共同体として一緒に組んでやっていきましょう」
なんだか出合って(押しかけ)お互い、なにも知らないのに、
一瞬にして、ともかくいっしょになにかをやることになってました。

帰り道、ほんとになんだかよく自分でも理解できないまま、
次の予定を全部やめて早くかえってきました。
農業や今後に対するあちらの夢も聞いて、

なんだか狐につままれた思いでぽかーんと。