うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

植村直巳

先日、植村さんのことテレビでやっていました。いわく
「冒険の大小ではなく、結果でもなく
そのことにどれだけ思いをかけられるかどうかが大事なんだ」
たしかにそうです、そのプロセスこそが大事で。
一生懸命になれるかどうか。
それがなければ、なにをしていても意味がないんですね。

地図やガイドブックを持たないバイクの旅をしていたとき。
ルート図を持たず、沢登りをしていたとき。
ルート開拓しつつ単独で岩をのぼっていたとき。
あの時と同じ感覚がするのはなぜだろう。
からだがつかれながら、一歩ずつに意味があり
からだで感じる獲得感があったあのとき。
結果はついてくる気がするんです。
一歩ずつの冒険をしています、いまになって。
今はつながることで、ほかにかえがたい
何かを得ているような気がします。
ふっとどこかになにか訪ねていくとき、
不思議にそこに出会いがあります。

いまとこれからに、迷いはないんです。