うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

おまかせ定食

1r0012347 海鮮料理塩釜漁港の近くの「やま登」で、「今日の定食」
今日はなんですか?と聞くと「銀ムツの煮物」
ということで、
…躊躇。

ムツというのはあんまりいい印象がないんです。
給食でよく出るばさついた感じ。
がっかりしつつ、でもまあ、いいかと頼みました。
めんどくさかったんです。
考えるのが。それと以前食べた「かつおの焼き魚」が
意外においしかったので、またなにか違うに近いないと
期待して頼みました。

でててきたのを食べると、果たしてとろりと
うろこまでとてもおいしい魚でした。

ああここで食べなかったら、
ずっとムツってあんなまずい魚のことだと
思っていたと、感じました。
お店にいいものを食べさせてもらって
ありがとうと。魚って、名前で選ぶと有名な高級魚ばかり
うまいと選んでしまいそうですし、
旅館でもそういう料理が並びますが、
ほんとは、こういうのがいいんですよ。

考えて見ると、「定食」ってお仕着せで選べない、と言う点で
面白いです。
お任せということ、そして自分の責任を持って、
「わるいものは入れない」という信念があるはずで。

たとえば、大間の本マグロと言って、鹿児島の蓄養まぐろを入れるのは
顔の見えない関係ではやるかもしれない。
だけど、ここでそれをやるというのは自分の良心に
どろをぬるということ。
つながりが近いところである異常、それをやると商売自体が
できなくなるのが、漁港の近くの、定食やさん

お任せ定食が好きなんです。