うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

道路の真ん中に

8/7日、とくになんと言うこともなく過ぎていく1日、
なんと言うことのない配達の風景と、道路の景色でした。

…ただ、道路の真ん中に人が倒れていなければ。

あれ?自転車と一緒に人が倒れてるけど?。
あれ?もしかしてぼくが第一発見者なのか?

まわりに人もいたし、車もいたけれどだれも止まらず
しょうがない、ってんで、人の前に止まりまして
 
 もしもし。
はい。 
 どこか痛いですか?
胸が苦しくてよぅ。
 なにかすることありますか?
119呼んでくれ。
 
 いま呼びましたからね。
 すぐ来るから待っていてくださいね。

そうこうするまにどんどん車が…って
ってぼくがこの人、ひいたんじゃないですからね、
関係ないんですけどと言いたいけど
周囲の目は…どんどん集まる、なんだかなあ。

救急車到着するまでそこにいてくださいというので、
その人とお話していました。

そこへ車から降りた白衣の女性が。
わたし○○病院の看護師です、通りがかって。

血圧計を持ってきますからと車に戻り
さっさっと血圧を計ります。

お名前は?寝てる人に問いかけます。
○○だといいます。
なるほどそうやって意識レベルを計るのかあ。
さすがぷろ。

ぼくはと言うと、そのときお話していた内容は、

俺、塩釜署いくところだったんだ。
おとつい、出所してきたばかりでよ。
これでよ。
と言って指を曲げます。(盗み)
俺、ほんとは悪い人間じゃないんだ、
みんな怖がるんだよなあ。
七夕祭り行きてぇなぁ。
こんなとこで倒れちゃったらみんなおどろくべなあ。

道路に寝転がって、キモチよさげですが
ぼくとの話の内容はなんかこの夜の終わりの懺悔になってます…。

 からだは大事にしないとねと、ぼくは笑って話していました。

でも、回りにいる人たちなんで遠巻きに、なにもせず
問いかけも、連絡も、しないで。
そう言うのがよく分かりません。
多分、第一発見者はぼくじゃないんです。

それにしても、なんか、一年に一度くらい
そう言う場面に出会っている気がする。