うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

出会うこと

仕事のブログにはいくつか書けないことがあります。
これもそのひとつ

いまの仕事初めて、改めて感じるのは
なんだかすごく命に近い部分があるんです。
命ある野菜ということもそうなんですが、
「生まれた子どものために届けて」というお客さんや
「病気で具合が悪いから届けて」という真剣な方もいます。

先日、健康のためにと買ってくれてたお客さんにお届けしたら、
知らないひとが出てきて、「おととい、亡くなりました。」
野菜持ったまま、立ちつくしたことも。

また、配達のたび、真剣に話かけてくれる
方もいました。
次を急ぐ配達なのですが、
近しい「思い」の部分なので、ぼくもいつしか聞くのが
楽しみになっていたものです。同世代のかた。
未成年の息子さんが、突発性のとうにょうびょうで
自分も…去年肺、心臓、手術をして、と。

先月、検査のため一ヵ月休むと置き手紙がありました。
今月になって、電話したところ、新たな箇所に腫瘍もみつかり
料理をする気力がないとのこと

声にちからなく。。

なんというか、ぼくも力が出ない感じです。

とてもいい方なんです、柔らかなしなやかな
強さも、優しさもある、そういう人とはなしができて
人の間で、落ち込んだり、がさついたりな心が一週間に一度
救われるような思いがしたものです。。

気休めばかりのなぐさめや励ましは
いえないけれど、
少しだけ、元気になって、欲しい。
また会えることを心から願っています。