うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

仙台、伊勢うどん2

1r0014826 ひとを畑に案内して、話がてら、仙台郊外の秋保大滝の近く、
「権現茶屋」という
伊勢うどんの文字を見つけて入りました。

500円、やっぱりふにゃふにゃうどん。
やっぱりたまり醤油のような濃い醤油色。
伊勢うどんといってもやはり店ごとの個性があるのか
壱弐参(イロハ)横丁の「阿吽」とは
ちょっと違っていました。

1r0014828 ぼくの中では、生姜とたまり醤油のインパクト、
うどんのへなへな度で、
阿吽の方が好みですね。

メニューでは中華になにか惹かれるものがありました。次かな。
帰りにおいてあった新聞のコピーを何気なくもらってきました。
帰ってからみてみると、併設の慈眼寺の、住職の紹介記事でした。
39歳住職が山岳修行して気がついたことなどが書かれていました。
菜食してひたすら山を登っていた時期があるぼくは思うことが重なりました。
ある意味、食べたいものを食べられないという我慢は、
修行していたのかもしれないなあ。
そうか、大人のいまだって日常生活の中でも、修行しているつもりの意識をもてば
見えるものが増えるかもしれない。欲や、楽に流れるのでなく
ないもの、あるものの中で満たされる、感じる心を育ていければいいな。
豊かって、そう言うことかも。