うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

振り子鼓動ハンモック

1p1020387 ちょっとめまいがして
そのまま、
ハンモックで揺れていた。

心臓の鼓動が耳に響いた。

ことん

ことん

1秒に一回くらいの
ゆったりした
音。

やがてハンモックの揺れが
だんだんと
収まってくる。

でも、音は変わらず
ことん
ことん

同じ調子で。

ふっと気づく。

これは心臓の音ではなく
ハンモックの揺れの音。

まるで心臓と同じような
リズムで
揺れの周期が緩やかになっても
同じタイミングで、ことんことん。

振り子の周期は糸の長さで決まると
大昔に、誰かが発見したことや
振り子時計だって
同じ仕組みだったのに
今まで気がつかなかった。

鼓動と同じように
心地よく、揺れる、このこと。

めまいしながらも

ここではなく
そこでもない
なんにもできない、しなくていい
「間」と言う場所で揺れるハンモック

心臓に似た鼓動に、こころが
調律されていく、
自然の摂理に、ここちよく眠りを誘われる場所、
自分ではないなにかの鼓動に委ね。