うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

のるかそるか

自宅で好きなものを並べて売っている
最近知り合ったある女性は以前、丸ビルに出展しないかと
誘われたことがあるんだそうです。

ぼくも、地道に配達していたら
声はかかるもので
"タイマー"で有名な誰でも知ってる企業の
テクノロジーセンターから連絡がありました。
あいているスペースに
店を出したり、有効活用を考えてくれないかと
総務から、まるなげのような話。

なにやらせきゅりてぃが、かなり厳しいらしくて
あらかじめ許可証を発行してもらい、それをもって担当者同行のうえ
なかにはいるようになるそうです。。
それもなんだかなあというのと、
野菜も理解が得られるかなあ、
頭の中で、おおきな応接間のソファーにいる自分を
想像して、窮屈感とともに、
どうしたらいいのかなあと、悩んでいます。

無料でいいというものの、
無理なんじゃないかという思いが
ぼくのなかで大部分を締めていて。
どうやったらできるか、
どうしてだめか、
おいしそうな?はなしに
断るか乗るかという、ことって
意外に多いみたい。

おとこってこういうとき、
無理をしても受けたがるような気が。
おんなは逆に、負担を考え断るのは平気なような。

あー、どうしよう。
おとこになろうか、おんなになろうか…
(悩み方が違う?)