うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

パン屋さんでカレー

1sdim0504 えっと、紫山のパン屋さん、キャスロンの
カレーがおいしいという話を聞いて、
行ってきました。

ひとり浮いている気がするようなしないような、
女性の話声がひときわ賑やかで、
けだるい(ひとりだけ)土曜の昼下がり。

ランチのカレーもあったのですが
トマトとエビのスープカレーだというので
パスして、レギュラーメニューの「いわい鶏のチキンカレー」
辛口、だそうです。

フォカッチャか、ご飯を選ぶというので
フォカッチャに。
食べたことがなかったので…。

で、出てきたのを見たら、これ「なん」ですか。
という感じ。
中に入れてお召し上がりくださいといいますが
うまく開けないし、やっと中に入れても
肉がごろんと破けて出て来るので
カレーと「パン」を交互に食べました。

野菜はどうすればいいのか、わからず
手でちぎって。
完全にこの辺でもうひとり浮いている…。

味は…
チキンなのに、ドミグラスで、少し焦げた苦味があるカレー。

ホームページにたまねぎを毎日7時間炒めている、と書いてありますから

それはそうなんでしょう。。。
でも1260円はなんか一食損したようなちょっと後悔。


最近、仙台でおいしい店って、どこかときかれることがあります。
聞かないで欲しいです。

むしろ素材そのままのもっと地方のほうや
山形のほうにおいしいのが、ラーメンも。

仙台ではなんかこう作れば売れるって、いう意図が
みえてどうも、なんだか、それが。
おいしいという、基準がひくいのか、
おいしくつくろうという意識がないのか
と、ときどき思う。

企業の調理長はコストダウンして、利益を上げれば
総支配人にまで出世するといいます。

ほんとにおいしいものはコストを
かけないとこにあるのは間違いないんですが
コストをダウンするのは
そこじゃないし材料に
コストをかければいいって言うもんでもない。

おいしい店、どっかないですか、
と聞きたいのはこっちのほう。

おいしいと感じたいというのは「味」
いうわけじゃないんです。