読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ぼくがDP2を買ったわけ

1sdim1132 今から書くこと、カメラに興味ない人、
ちょっとわかりにくいかも。

シグマのヘンテコカメラ、
DPシリーズがモデルチェンジして
DPメレルが出ると知りました。

すでにDP1は持っていて、でも、
28ミリの広角で開放がF4であるということで、
(いや欠点はもう言い出したらきりがないくらい
ほかにもいろいろたくさんあるのですが)、
標準レンズ画角のDP2メレルがいいなと思ってました。
メレルとっても気になります。
もうこれで終わりと思ったヘンテコカメラの新機種。
夢がつながります。

リコーのGR3を買ったとき、欠点だらけのDP1は、
使わないから売ろうと、思ったのです、GR3でおつりがくるだろうと。
でもほかに変えられない味があり、
中古で1万ちょっとくらいで手放すわけには行かず、
ときどき取り出し今に至ったわけで。

メレル値段調べて見ると、予想は高そうなんです。
DP1は最初10万位していてぼくが買ったのは確か8万位で、ところが、
なぜか暴落して、すぐに3万代に。
ちょっとショックで寝込んだものでした。
メレルはというとそれより高く、やはり10万以上しそうです。。
目の前に人参がぶら下がっているのに
いまさらその値段を出して買う気にもなれずか、今後下がる保証もない。

DP2を、レンズを買い足すようにカメラを買い増し
というわけですが、あえて初期型の無印を安く。
DP1、あの時8万だして買った悔しさをここで、晴らそうかと。
古いDP2を中古激安2万円で買って宿敵をやっつけたみたいに
なんかほっとしました。
買い足して悔しさ二分の一。
本人だけのぷちドラマ。

さて、これで標準40mm換算、F2.8の「明るい」レンズで
少し寄った写真を撮ることにしよう。
重い、大きい、遅い、鈍い、寄れない、暗い、ピントあわない、
RAWしか実用性なくパソコンパワーを食う、
使ってないのになぜか電池がすぐなくなるという
もうよくわかんないレベルまでの欠点だらけ。
でも好きなんです。
現代の平均的に誰でもそれなりに取れるカメラという世の中に背を完全に向けた、
という、もうよくわかんないカメラで、よくこんなの企画通ったなという
ヘンテコな自己完結型カメラです。

写真は、DP-1で、DP-2を撮りました。
やっぱ、ピントが変だし。