うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

作るのが好き

お客さんにお届けをしたら、パンを頂いた。
今焼けたばかりというそのパンを
手にしたら、さくっとふわっとして、どっしりとして。
それは食べなくても味が見えるようなそんな素性の暖かさ。

中にはクリームチーズと、干し果実を少し織り込んで
バランスも素敵。
後日聞いてみたところ、誰にも習ったことはなく
自己流でただ、焼いているんだそう、
ただ、作るのが好きなんですと。

天然酵母なのか、酵母を自分で起こしたのか
なんて、どうでもよくて、そんなことは聞かずに。

好きだけで これだけの ものが焼ける という、
こと、食べてもらえるのがうれしいというその感じ、
なにかセオリーとか、マナーとかルールとか
そんなものではない、忘れてた大事なことを
思い出したような気がして、はっとする。

昨日の旅館、
夕食、朝食、帰り際に尋ねると
野菜の材料はみんな自家製無農薬野菜なんだとか。
そんなことは売りにせず、ただ当たり前の食卓として並ぶ
なんだかそれが嬉しかったり。

ぼくも聞かれない限りあまり説明をしないで仕事をしている。
伝わる人にはまっすぐ伝わると信じているから。
なになにだからなになんです、なんていう、紋切り型の
余計なことを言う、コマーシャリズム。くだらなさには赤面するばかり。
誤解も多く受けるけれど、互いに価値観が相容れないという
ことなんだと、いつも甘受うなずきながら、誤解をとく労力は捨て次へ。