読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

鶴岡散歩

おさんぽ たべもの

1sdim1923 自分的には珍しく朝風呂なんぞして
宿を後にし、
さて、まっすぐ帰るのは
もったいないいい天気。
鶴岡観光名所の致道博物館へ

まだ、紅葉は始まったばかり。
うららかな、暖かな空気につつまれ
温い温泉に吐きだした、
心地いい疲れを引きずり
広い空、小さな町を感じて歩く。

 
 
 

1sdim1929 優柔不断なようですが
どっちか決められない
自分的にはどっちもいいので両方…。

色味の違いは現像の違い。 

 
 

 
 



1sdim1936 鶴岡は山形なのに、その独立的な姿勢でいったら
秋田以上のわが道を行く度の庄内。
いっそ、独立国としたらみたいな貫録すら感じる町。
前から何度も来ているのに、同じ県内にいた時は
今ほどではなく。

 

  
 
 
 
 
 

 

1sdim1949 お堀をあるいて少し、お散歩。

渡り鳥カモ 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

1sdim1944 白鳥もね。

お散歩。

 
 
 
 

 
 
 
 
 

1sdim1951 DP-2というカメラがこの屋根を
撮りたい、
といいました。
ぼくは別に、撮りたくなかったんですけど。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1sdim1977 帰りは、最上川沿いルートを選択して
立川、田川の方へ。
これからなにもなくなるという最後、
風車なんとかという直売所で肉うどん。
これが意外にうまかった。

山形の河北町の肉そばといえば冷たくて固い鶏だけど
同じ山形のこっちは、温かい豚肉のうどん。
庄内豚だそう、

豚の量少ないからと、まけてくれて450円。
さらにナメコ入れると、おいしいからと天然ナメコいり。
なんかねやさしさと、思いがありがたいもの。
ふっと、そんな
田舎の小さな町で生きたくなる瞬間。

 

絶対人数か少ない分、来てくださった方に、
誠意こめて、接するのでしょう。

1sdim1983 最上沢沿い、白糸の滝と紅葉。
ここまでいい天気でしたが、街に戻るにつれ
どんどん曇り、ガスに覆われていきました。

紅葉を今年はなんどもみた気分です。