読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

作並の裏山へ

1r1052665 さて、「スノーシュー」を買ったので
天気予報は午後から大雪ということだけれど
午前中に、ちょこっと足慣らしをしようと
ひとを誘って、作並温泉の裏山に出かけました。



 
 
 
 



1r1052671 前の日、25000/1地図とにらめっこして
ルートを考えて最短で楽そうなコース取りを。
車は作並の神社の駐車場に。

そこから、いったん沢に降りて向こう側に渡り
すこし沢沿いに300メーターほど歩いてから
尾根に取りつく、そして671メーターピークを
経由して765峰に、それから稜線沿いに757峰まで
往復、の予定。 

 

 


1r1052660 で、実際一番不安だった、沢に降りて渡ることや
尾根へのとりつきは、うまくいきました。
けど、凍った上に雪が積もっているので滑ること。
自由にどこでも歩けるのがこの時期の醍醐味で
とはいえ、
スノーシューの出番はついぞ
なく、むしろアイゼンが必要になったりして…。

  
 
 
 
 

 

1r1052647 途中のピークまでせめて行きたかったのですが
出発が遅かったので、途中で天気予報とおり、
雪が激しく降ってきました。

自分の足跡が帰り道に埋まってしまいそうだったので
景色も見えないし、次回天気のいい時に改めて
また来ることにして、今日は1時間ほど登っただけで
戻りました。

行きはルートどりに
なにもない真っ白な中の動物の足跡を
追って歩いて、帰りは自分の足跡という
頼もしい味方追って歩いた感じで楽しかった。

一度いったところは意外に、
不安なく自信持って歩けるので
次回に楽しみを残して。

1r1052674 帰りは、いつもの貸切的温泉に入って、
今日は運転してくれる人がいるので
ニッカウヰスキー宮城蒸留所によって
54%のシングルカスク10年物を無料試飲で頂きました。
シングルカスクってなんですか?と聞いたら
モルトというのは、いろんな樽のものをブレンドして
味のバランスを取るのですが、シングルカスクはひとつの樽から
取っただけのものなのです。」
と、バーの雰囲気のなかで
注いでくれたネクタイ姿の品のいいおじさまが説明してくれました。

 

 

 

1r1052681 無料だけでは申し訳なかったので、調子に乗って20年物の
シングルカスクをグラスで買いました。60%で、シェリー酒を作ったあとのオーク樽に
詰めて20年なので、シェリーの風味が出ていますとのこと。
レーズンやカカオなどの甘く香ばしい風味との説明でしたが
これは、ぼくにはなんだか、木酢液のような風味で、
ぼくはちょっと苦手でした。

 

 

 

 

1r1052677 それにしても何十種類と試飲できるので、次回は、
どれにしようかな
と早くも次回の山の達成のあとのウイスキー試飲が
たのしみ。
写真、ちょっと無料のを位置を直そうとしたら
倒してこぼしてしまった。
あとで、もっきりにして飲みましたけど。
水は仕込み水。アルコールが濃いので、薄めず
チェイサーで飲んで下さいとのこと。

 
 
  

1