うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

リサイクル

1r1053121 荒浜近くの被災したセブンイレブンのだという
断熱がしっかりした屋根。
倉庫を作るのに安く上がるからと大工さんがもらってきて
いまうちの庭にあります。
荒廃したあの辺にはあそこしかないから、たぶん今はプレハブ営業のあのセブンイレブン

もったいないと素材としてとらえる大工さんとの考え。

ぼくはあちこち折れ曲がり、倉庫とはいえ
正直なんか痛々しいものをあまり使いたくなくないのですけれど。

公園にビルほどの高さに積み上げられたあの瓦礫を思い浮かべる

もはやこから移動するには、もはや手におえない廃棄物としか見えない。

人任せながらのいつ完成するのやら倉庫。
また、気温の上昇に予断を許さない春が来ます。

感覚が違うと、思うとおりにいかない、もののひとつ。