うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

穴からむじな

写真もないものをまた、どうかと思ったのですが
いつまでも、恥ずかしワードをトップにあげとくのもなんなので
という意味で書きます。

以下本文。

いままでいろんな動物をみたけれど
秋保の山の方雪解け後の林道で、なにやら道路を嗅ぎまわる
妖しい物体発見したのは今日の休日。

なんだろう、たぬきか
と思ったら、どうも違う。
大きさは同じくらいだけれど
もっと毛がふわふわで、
タヌキみたいにこげ茶色てはなく、単色でもなくて、
鼻がぺたんこで。
耳がなくて。

そしてなんと寄ってくる?
と思ったら、車のわきに穴があって
そこにもぐっていきました。

帰ってから、記憶をもとに調べると
どうも、「むじな」らしかった。
むじなというのはタヌキと同意だと思っていたので
そういう生き物がいたという事に
びっくりしたのでした。
妖怪辞典にのっているような名前だったので
てっきり空想上のいきものかと思っていました。
別名、ニホンアナグマ
それにしてもどんくさくて、逃げない、
かわいい、変な生き物。
もしかしたらお母さんが、どっかに狩り?にでもいっていて
出ちゃいけないといわれていた留守、
初めて穴の周囲を探検したのかもしれないのでした。