うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

OWL BABIES

1dsc_0077 三羽のちいさな
ふくろうが、お母さんの帰りを
待つときの不安な気持ちを
言葉と絵にした絵本です。

立ち読みして気に入ったので
ネットで、中古で買いました。
原語版があったので
そっちにしたのです
というのは、ひとつ気になる翻訳があって
これは原語だと、どう表現していたのかなと。

翻訳だと、三匹のうち一匹がとてもちいさい
設定で、ぴーちゃんだったか、ぴよちゃんだったか
と、訳されていて、不安を感じるまでもない
ただ、ひたすら待っていて
かえってきたら、わー、ママ、会いたかったよという
単純あかちゃんキャラでした。

それが原語の英語では、ただ三羽は平等で
サラ、パーシー、ビルと名前で分けられているだけでした。
個性としてとらえているそっちのほうが、味わい深いような…。

ぴーちゃんという翻訳で甘えんぼの赤ちゃんとしたほうが
わかりやすいけれども、起承転結みたいな印象でしたので。