うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

東京行理由

ぼくがかつて在籍した東京の会社。
最初は六人でした。給料なんて
一桁万円。もうきつかったですがその後
会社も給料もうなぎのぼりに成長し、
けれどあまりのワンマンな社長と喧嘩して25年前くらいに辞めたわけで

その後は知らなかったのですが
数千万黒字のいまのうちに会社を後継者に譲りたい
とまたまたいきなりの電話、
決算書類など見せたいという。

ふーん。


ドラマみたいな展開だけれど
けど実際、雇用を守らなくてはならないし
経営ではぼくの資質も試される。
ぼくは仙台でひとり仕事を作ってしまったし…。
週末東京に通って仕事なんてできないし。
だいたい仙台の街で仕事しながら
東京の経営を考えるってなんだ
実際考えてしまっているけれど
…そういう資質なんてない。


映画のストーリーだと
本人は資質を見込んでくれた相手のためにと
喜びいさんで張り切るのだけれど
よけいなことをしなくていい、おまえはなにもしないでいいと言われ
数か月して、たまたま 都合がよい相手を選んだだけで
「おれが おまえを ほんとに社長にするとでも思ったか」 と
いわれて役目がおわれば ぽいっ のパターン

先週のあれ、美味しかったですよ
ほんとですか、よかったおいしいですよね。
ぼくはひととそういう話をしたいだけかもしれないので。

東京では
とある大手食品宅配会社で商品開発部長をしていたひとと
会社の店長と、ぼくの三人集められて
まるで経営会議になぜか強制参加。

このうちのだれかに社長をやってほしいという

なんとも数十年ぶりに会って、悔しい思いだった会社から
そういう話というのもぐるっと一回りしたのかなあ、
思ってしまいますが、
なんだかいろいろ他人事という感じ。

どうしたいと聞かれて、その会社の社長をするのは無理。
東京で店長するのも、新規事業展開するのもぼくは無理
取締役や株主になるのや仙台での展開なら可能だと、そういいましたが。
どうなることやら。

ちょっと訳がわからない