うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

晩酌セット

電車に乗ることも 街中を歩くことも

あまりない めったにない
電車に乗るのに、切符を買う以前の時間 からして
緊張し、さらにホームの乗れる位置も
わからずあたりきょろきょろ


ましてや ひとごみの 対抗してくるひとのかわしかたは
体や感覚のなにで判断するのか迷い
横断歩道の向こうから来る波のようなひと は川中の合戦場か

 

久しぶりに 店で 買いもの を。

そういえば、登山靴は
イタリアのものが足に合うことを思い出し
ガルモント、というキャラバン系の店で
30%オフだったので買いに行ったのでした。
いま使っている登山靴は勇気のネットしかも、
アメリカ住の個人からの直輸入品(つぶれたイタリアのメーカーでサンマルコ)。
履きやすくて気に入っています。
いままでで一番よかったのはスカルパだけど
二重靴だったので、かなり重かったんです。
(いまもあるのかな二重靴って)

 

帰り道、せっかく電車なので…というか飲む気まんまんだったので、寄り道。

お目当てのアナゴ専門店とかつぶれてた。行くとこもしらず駅に来てしまい

 

残念やぱり、立ち食い寿司はもういつも並んでいて。

寿司通りの奥、
ひとりのひとが数人いるだけだったので
銀次郎という店に入りました、安かった、
お疲れ様セットをオーダー。
お客もひとりだけの何人かだとなんだか店の中暗いのね…。
無言寿司…。

 

お疲れ様セットは生ビール中
お通し イカの沖づけ いわしと鮪の刺身、あげ皮

すずきのかまやき 、かつお、いか、ひらめ、さけの握り
鉄火巻き一本で、1960円
味はともかく、お得感には間違いない。
これはもっと食べたくなるような、
飲みたくなるような中途半端感はあるものの
この値段で、いちお寿司屋で楽しめたという気分で押さえておくのがコツかも。

 

そういえば、昨日入った店も
晩酌セット。
1600円であれこれついてきた。
おとおしと、刺身は
まぐろとすずきと、いか
香の物、あと煮物があったような。
もし銀蝉のひとがやっている和食の店だったので。

晩酌セットというのは、生き延びる策なんでしょう。
やっぱりあちこち 実際つぶれています。飲み屋さん


たしかに徳だし 考えるのや注文が面倒なのでお客も楽だし
店からすると震災後 店の規模をちいさくして 限定食材をまわす意味でも
いいメニュー。
今後はこういうスタイルがはやる気がする。
お任せで決まったものを出すという、晩酌セット