うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ずっと夜ならいいのに。

朝なんてこなければいいのに

と、思いながら、目をつぶると

いつも明るい朝がおはようって

楽しそうに笑う。

それでいつもぼくは憂鬱そうに

目を覚まし朝を迎えてしまう。

 

ときどき昨日と、来ていない明日を

間違えたりもする、

夢の中でそれらは行き来しているので、

今日はいつも、過ぎた日と来ていない日の間。

 

夜は、よくわからない自分を抱えて、

ただ、それだけで精いっぱいで過ごす時間。

 

日の当たらない、静かに内に悔いたる、

ときに希望に転換する時間。