うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

途中のお店

 

f:id:holonholon:20150830133536j:plain

めったにそういうことはないのですが
ひとに紹介したいが、躊躇する店というのがあります。
相手に寄るわけではなく、自分の好きな店が人を選ぶような気がして…。

いままでその店のことは小麦屋さん、と呼んでいました。
今日それは名前でなく別の正しい名前があったことを知りました

頂いた手書きの名刺には違う名前が書いてあったので
小麦屋というのはパン屋みたいな意味だったのかと今日。

ぼくはたまたまその小麦をお店を知る前すでに食べていました。

店主さんは今も猪苗代で無農薬で小麦を作っていますが、仙台に越して

一年ちょっと過ぎたこの四月、廃駅になった「西仙台ハイランド駅」前に店をオープン。
自分の作った小麦を石うすで挽く場所兼、それでお菓子を
作って提供する場所としてのカフェで、それはまるで手作りの

パッチワークのようなかわいいお店です。
そとには、借景ですがきれいな緑の風景が広がります。
最近テントも付けたので、緑の
そとで飲んでたべることもできるようになりました。

いま月曜火曜休みで、たまにその他不定期平日営業
必ずやっているのは土日の日中だけですし
テーブル3.4つだけ、あまりひとがくると対応できないから
それで手一杯なんだといいます。

まだどこにも載せてもらっていない、

どこかに載るときっとたくさんひとがくるから
それがちょっと困るよねと、雨で客がほかに居ない店内で
店主さんと話したあと、同じようにブログでひとりつぶやいてみました。

 

夢の途中のお店がなんだかきらきらまぶしいのです。

だから、あまり。