うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

青根うどん

いよいよというか、6日後に迫った
ツールドしらかわ参加前、最後の時間が取れる日
だったので、青根温泉まで行ってきました。

温泉といっても、自転車で走りに行っただけで
結果として、足湯には入りましたけど、
目的は、ただ走ること。

途中のコンビニにもよらず、濃厚ソフトクリームに
目もくれず、十割そばにもイワナの炭焼きにもよだれをたらさず
汗だけを流し、走りまして
着いた、青根温泉。

f:id:holonholon:20150927215704j:plain


坂を上りきって、ふと目に飛び込んだのは
路上に、青根うどん→ の文字。(写真は振り返って写してます)
ランチ、とすごく主張しています。
そう、青根には食べるところがなにもないのを知っていましたが、
そういえば、と思いだせば新聞に載っていました
一升瓶バー。

廃業した旅館を借り、持ち回りで若手の旅館主たちが
夜なにも飲むところがない、青根温泉でバーを始めたと。
ランチもあったのですね。

でもなんでうどん?と思いながら
入りました。
はい、レーパンで。
入口に座ったら、もっと奥にどうぞと
言われ仕方なく、人目にさらされることに。
ヘルメットで前を隠すことないぞと思いつつ
つい…風呂場のようなカン違いを。

はなしがずれました。
うどんです。

f:id:holonholon:20150927215755j:plain


サラダバー食べ放題が付いてくるというので
取りに行くと、大好きなポテトサラダと
ニンニク風味のさやつき枝豆と、
レタスと、水菜を盛り、揚げ玉はパスして
食べていたら、なんだかすでにお腹膨れてきました。
なんだか、おいしいなあ、とこの時点でなにかの予感。

f:id:holonholon:20150927215833j:plain

15分ほどして出てきた、「さっぱりおろし大根和風青根うどん「900円
…にエビ天と、サツマイモ天と、ししとうと、なす天がついてきました。
なんだかいい塩も。
だいこんおろしの別添えの上には、すだちと、大葉のきざんだものが
載っています。
うどんのうえには、きつねと、きざんだネギが載っています。
ちょっと見た目でやられたものの、ふんまあ、食べてみないとね。


期待せずモードのフェイントで天ぷらをつついてみると、あら美味しい。
さてと、うどんをすすってみると
これ、手打ち風に見えて冷凍とかインスタント…でなく
手打ち以外の何物でもないんじゃ?
これで冷凍なんて言ったら、ちょっショックだとすら。
でもどこにも、手打ちなんて書いていなかった。
きつねがいやな感じがみじんもない、甘さで
つゆも、いかにもだしが効いていますという感じがない
自然で、バランスよくおいしくて。
だんだん箸をすすめるたび、へろへろになっていきました。

f:id:holonholon:20150927220101j:plain

食べるにつれ、またおなかが減ってきて
お昼過ぎだというのに先客が帰った後誰も居なくて
ついきょろきょろとしながら
サラダバーお代わり。
お会計のときに尋ねると、手打ちでここで作っているのだと。

 

なんと、ならもっとどこかに書いたりすればいいのに。
最近セルフさぬきなんちゃらのせいで、うどんの価値がさがっている
気がするので、そんなことを思いつつ出ようとすると
レギュラー珈琲を、紙カップでお持ち帰りくださいといいます。

f:id:holonholon:20150927220043j:plain

にゃんと
このうえさらに珈琲ですと、
しかも紙コップでお持ち帰りとは、そんな気の利いたサービス
聞いたことも見たこともない、車で来る人ばかりだし
なるほど、コンビニもないし、これは相手の気持ちになったことだよなあと
感心しきり。、

で、ぼくは自転車。
ふと見ると、坂の上に足湯があったので、
足湯に持って行って飲みました。

f:id:holonholon:20150927220118j:plain

格別。

青根うどんランチの店(名前わからない)でも
もと旅館ということを生かし貸切温泉ひとり750円で
入れるとのことでしたが
帰りにまた汗をかくので入らなかったけど
クルマなら入りたいし
またうどん食べに自転車で来たい。

久しぶりにいい店に出逢いました。
ただ、いまはまだ儲けなくてもいいとか、やる気に
なって骨身をけずり相手のことを考えたりしているけど
たいてい次に行くと、あれ?ということになる場合があるので
ぜひ初志貫徹で変わらず、お願いしたいところ。

 

 

 

 たったお昼に食べた一食に過ぎないのに

夜の今になっても、こころがほんのりと温かい。