うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

まいにち

 


毎日。
飲むと、次の日なんかどうだっていい。
と思う。

こんな
世の中、どうなったっていい。
知ったこっちゃないとも。

自分にとっての明日も
どうでもいい。
いつしか
疲れて灯りをつけたまま。


朝になると、大事なことをしていたような
でもそれがなんだか忘れて
また仕事を思い出したようにはじめる
使命感のように。
それはエンドレス。

毎日いつも、
やり残したことを毎日続けて。

窓のカーテンは開けたまま、

朝になれば、明るいひかりにめざめるだけ。