うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

日曜日

f:id:holonholon:20151221212827j:plain


今の時期には第九です。
一日に装置を変えて、
二回聴いてしまった。

また聴きたい。
ボリュームが第九に限っては
最大になってしまう。

最大でなくてはならない。

 

 

f:id:holonholon:20151221212842j:plain

ちょっとした飲み会。その前に
時間があったので入ったカフェ店

やたら草木が店内にあり
カウンターは特に気持ちよい。

オーガニック珈琲550えんなり
「グリーンプラネット」

 

飲み屋さん、炭火の肉はまあいいのですが

野菜が…なんだかおいしくなくて、硬い苦い。

たまに贅沢を外でしようと思っても

野菜に関しては日常の食事の方が贅沢だという事実。

 

帰りには初、地下鉄東西線
なんと、夜九時50分くらいでしたが
全車両で八人だけ。
バス路線を減らして
集客しようと仙台市が画策しても
無理がある。

千鳥歩きの帰り道
暗闇の水の音が足元からする
ふっと豊かだなと思う。
見上げると 星
何千何万年前の ひかり

f:id:holonholon:20151221212939j:plain


帰宅して
うさぎ小屋のなかに入るの巻
ほんとは 君といっしょに 寝たいのだけど
きっとふわふわ
だけど怖がりな君はきっと
ぼくのすべてが 不安なんだろう
どうしたら安心をあげられるのだろう
ただぼくは君の不安を恐れず
じっと動かず 君の意志にまかせて

f:id:holonholon:20151221212955j:plain


そうして一日が終わる。