読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

うさぎの後ろ足に、足を踏まれると

 

f:id:holonholon:20160214194553j:plain


うさぎのサークルのなかに足を踏み入れると
うさぎのそらちゃんが、ぴょんこ
と、ケージから飛び出てきて
一周した後(そらちゃん反時計まわりにしかまわれないので)
ぼくの右側にきます。
そして、なでてスタンバイ。

そのあと、ひとしきり撫でた後
ふたりでしばらく動けなくなります。

そらちゃんは、うっとりして撫でられるがまま
さらなる高まりを待っています。

時を同じくしてぼくは、そらちゃんに足を踏まれ動けなくっていたりします。
そらちゃんの後ろ足の、そのふわーんとした柔らかな血の感覚が

ぼくの素足の甲のうえにやさしく。


どうも、なんというか、足のその部分にだけ神経が集中してしまってですよ。

それはとある思春期のころ、歯医者さんで看護師さんが
ぼくの頭のあたりに柔らかななにか(腕ではない柔らかな)
があたり、歯ではなくあたまの方に神経が逝ってしまって、
固まってしまったあの時代の感じ。