読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

伊藤屋商店

たべもの

f:id:holonholon:20160306170859j:plain

朝7時からやっているラーメンやさんです。

昼ですらいく機会がなかなかなかったのですが
ちょうど朝通り道で、おなか減っていたので寄ってみました。

8時半過ぎに行ってみたら、なんと。

 

…並んでました。
そのあとに用事があったので、どのくらい待つか
聞いてみると、そうですね、
と食べているお客さんを見渡して、
10分もお待たせしないです、ということなので
珍しく、待ち。

 

食券機械で「白」と「金」と二つに分かれているジャンルと
別に、それらより一段安い500円で、10時までの「朝ラー」
というメニューのがありました。
それの、「大盛り」にしようかと頭の中で行ったり来たり三周りくらい
迷いましたが、
朝なのだから、しかもたぶん喜多方系ならば量は少なくないはずと、
普通盛りで。


ほどなく出てきた朝ラーというラーメンは、透明でした。
だしは、なんだろう、詳しくないのでわからないのですが
煮干しでちゃんとだしを取ったような、しお味。
でも、ちょっとしょっぱかったので、申し訳ないけど
コップで結構水を足してしまいました。
塩気と旨みが同時に少なくなってちょうどよくなって、
久しぶりにおいしいラーメンを食べたと感じました。
おなか一杯が、幸せな感じ。

 

また機会見ていこっと。
今度は自転車かな。
そしたら塩気はちょうどいいのかも。
だいたいもともと朝ラーって、喜多方の農家が忙しく
一仕事終えての朝ごはんという、ところから始まったと聞きますから。
朝、汗をかかないとね。