うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

自分がいた時代

カーペンターズ
イエスタディワンスモアを聞くと、いつも
半田の焦げる煙、
小さいラジオから流れる音が
ふわーんと安心感とともによみがえります。
憧れが見え始めてきていた思春期あの頃。
これはその時代のぼくだけの郷愁でしょうね


リビアニュートンジョン
春風の誘惑
これは、もうくすぐったいような
甘い香りで、もうくすぐったいほど。
これもどうなのかぼくだけでしょう、きっと
あの時代をともに生きたひとには通じるのかな。
ラジオからラジカセへ、
音を録っておける時代に。

なんだか長い時間を生きた気分です。


陽水、拓郎、小椋佳、あのころ音自体が憧れでした。
いま思うとすごい時代にいたみたい。
森田童子のライブ、小室等23区ライブ、佐々木好ライブにも行ったっけ、
スターウォーズ新宿コマ劇場の階段に座って観たっけ。


なんだって豊かなのにさびしい感じな時代…まあいいや。

もう作ることはもう次の世代に。

 

>

 

あとね、これ。
去年の様子ですが、
ことしぼく走ります、そして動画を見ていると
なんでかわからないのですが、
さびしい気持ちになるのです。

それぞれが、それぞれに頑張っている。
それぞれが自分の中で戦っている。

それは高尚なはずなのに、なんで
さびしいと感じるのだろう。

 

 そこに自分がいないからでしょうかね。

 そんなことをふっと。