読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

ハイドン交響曲第45番「告別」

本、映画、音楽

 

f:id:holonholon:20160319190950j:plain

クラシック音楽 | リスニングルーム | ハイドン:交響曲第45番 嬰ヘ短調 「告別」



この曲、作曲者ハイドンからのとある理由による指示で
演奏者が、自分の演奏のパートを終える度
ステージ上から退出します。

 

そのとき通常は無音でローソクの炎を吹き消していくとのことなのですが
CDだとわからないので、退出する演奏者が「居なくなります」と何語かで
言うと、足音を残して去っていきます
そして演奏者が、最後はバイオリン二人だけになり
音もローソクの炎が消えるみたいに小さく消えます。

 

寸劇の様相ですがこれがハイドンの意図したところということで

聴いていると、ハイドンの優しい心遣いを感じ

心が静かになっていく気がします。