うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

クーバ

今使っていて、具合のいい超軽量カーボンサドルなのですが
ロングに当り、以前使っていたスペシャライズドトゥーペに
戻しました。


そしたら、これが沈む柔らかさのせいで
お尻がしびれて、痛くなるのです。

いつしか調子よく使えていた柔らかサドルが使えない
お尻になってしまっていました。

 

かといって、100キロ以上は、さすがにカーボン板ではきついので
あらたなサドル探しの旅に出るべく、サドルの幅とお尻の関係を
つかもうと、骨の幅を計ってみると

芯芯11センチ、最少幅8センチ最大幅14センチでした。
で、メジャーをもってその部分がへこんでいるサドルを求めて
ベルエキップへ。

 

で、10種類くらいの中から測って見つけたのが一個
フィジークのKURVE(読めないので店員さんに聞きましたすぐ忘れました)
3週間ほど貸してくれるというのですが
どうも、借りたら買わなきゃいけない気がするとか
誰かの使ったものを借りるのに抵抗があるとか
お尻に合うとか合わないとか、言うのもめんどくさいとか
そんなさまざまな葛藤の中で面倒になり
それを考えなくてよくなる唯一の方法、第一印象と直感を信じて
しがらみのないネットすぐ買ってみることにしました。

お店に申し訳ないけど、待たなくてすぐ来るのもありがたい。
飛び降りた気分ですが、なによりフィジーク好きなので
そこに賭けてみたというところもあります。

f:id:holonholon:20160726230237j:plain


昔の皮サドルであったハンモック構造だとかで
小さな部品を取り換えることで表面のハリを
調整し、固くしたり柔らかにしたりできる仕掛けとか。
表面は滑る素材だし、からだの柔らかな人向けの
スネークタイプなので自由にお尻を動かせていいかなと、思いました。

裏側

f:id:holonholon:20160726230255j:plain

さて、再来週、秋田までの160k往復ライドと
ツールド東北のお供に連れだす予定ですが
どうなんでしょう、どきどきの取り付けです。

 

サドルこれなに?と聞かれたとき
知らない、読めないというのも恥ずかしいな
と、思ったので調べてみました。
クーバというみたい。
なんだかバカにされたような気がちょっと…。

 

 使用心地は次回。