読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

奥小安峡阿部旅館 そして帰宅へ

走りながら、どうしてチューブがバーストしたか
つらつら考えていて、
ひとつは暑さ。
そしてもうひとつは、これタイヤ交換はタイヤを買った自転車屋さんに
頼み、購入タイヤは24cだったんですが、
もともと入っていたチューブは23cまでのだったような
取り出して調べてみたら、果たして、原因はそれでした。

自転車やさん…。
などとつぶやいてもしょうがないので
自分がどんなチューブ入れたか、忘れないようにしなくては。
カーブを曲がっている最中でなくてよかったとしみじみ思います。
すべてなにがあっても自転車って自己責任です。
トンネルの中で、もしフロントライト点滅(法律では点灯ですが)
させていなかったら正面衝突になっていたかもとも思いましたし。

f:id:holonholon:20160807210253j:plain

さて投宿した奥小安峡の阿部旅館、小安峡はいろいろ見どころが
あるみたいですが、疲れていて全部素通り。
小安峡、最後にある民家がこの阿部旅館です。
全部で9部屋
ケータイの電波も入らない山の中

f:id:holonholon:20160807210308j:plain

宿の周辺からは、もくもくと水蒸気が上がっています。
部屋の窓から見下ろすと、川が緑で、川の淵からも水蒸気。
お風呂は川辺で、完全かけ流し。

f:id:holonholon:20160807210333j:plain


お風呂はその川辺に建てられていて、
適度な野趣感が、心地よかった。
宿泊客が少ないわりにお風呂が大きく何か所もあるので
ゆったりです。

f:id:holonholon:20160807210353j:plain


ちなみに、川の水に足をつけてみたら、お風呂より熱かったです。

 

f:id:holonholon:20160807210418j:plain


今の時期は、ぶよとアブが、怖いのです
蚊と蜂は許せても
ぶよアブコンビだけは許せません、
夕方、「露天風呂で」ぶよの襲撃にあって、ほうほうの体で
内湯に逃げ込んだのですが、追っかけてくる猛者もいて
とにかく全身が襲撃対象でしかも黒いとこが好きみたいで…
つまりその、なにもしていないのに刺しに襲ってくるやつら
とにかく怖かった。


今回の自転車のテーマは一週間前ここに来る練習で
暑い中160キロ走ったら、熱中症になってしまってという
反省を踏まえて、熱中症にならないために、
と、夕ご飯をおいしく食べられるために
という、二点がありました。

熱中症にならないためには、ボトルを二本差して
一本は、CCDドリンクタイプにして
あとは喉が渇かなくても一定時間ごとに
水を飲むようにして、なくなっても水ならば各地で補給できますから。
(今までは自販機にジュースしかなかったけどいい時代だ)

そして、夕ご飯を食べるために速度はゆっくり
お腹を空腹にしないように、つねになかにお腹にはいっているように
保つようにしました、少しづつなにか食べる。
いったん空腹であと頑張ってしまうと、そのあと気持ち悪くなり
なにも入らなくなってしまうという、人体実験の結果です。

到着後、温泉で汗を流した後は、暑い身体を冷やすべく
冷やしタオルを繰り返し、全身に当てててました。
なんだか熱もあるような感じで、落ち着きませんが
とにかく冷やしました。

そして、二時間後、夕ご飯タイム。

おなかがいい感じに減ってきて、いざいざ、大広間に。

f:id:holonholon:20160807210442j:plain

f:id:holonholon:20160807210454j:plain

f:id:holonholon:20160807210505j:plain

並んだものを見てうれしいのひとことです。
うなぎ、いわな、あと、手作りの野菜の惣菜の数々。
なにって、こういう野菜の惣菜のようなものがおいしいんですよね。
ふだんろくなもの食べていないせいかなとも思いましたが
まわりのひともおいしいと言っていたのが、うれしかった。
はまぐりの吸い物がしみわたりました。

うなぎはローストビーフのかわりとか(苦手を聞かれたので牛肉だめと伝えていました)
実は、来る途中さんざん稲庭うどんの連呼の幟の中上がってきたので
稲庭うどん食べたかったのですが、これだけの心配りでは満足です。

いい温泉すてきな心配りきれいな館内おいしい料理
そして、すごい川の流れの音に、すっかり窓を閉めて
早めに就寝
あちこちが熱で痛く、おでこ、首筋、ふくらはぎ、太もも、足の裏
ととにかく冷やしました、
くるしい夜でした。

f:id:holonholon:20160807210600j:plain

あさ、なんとか起きられ
お風呂に、さわやかな気持ちいいぬるっとした温泉。
そしてお楽しみ朝食。

f:id:holonholon:20160807210527j:plain


やっぱり野菜の惣菜がおいしい。
もろへいや、こんだけ一人前って、どんだけね葉をゆでたんだろう。
そして臭みなくておいしかった。
温泉熱で干したという丸い大根の薄切りも薄味でおいしい。

お味噌汁も幸せな味。

いい旅館でした

 

そして、ゆっくりと九時出発。
いい道、いい景色が広く深く、高く広がります。
路肩の凸凹もじゃりじゃりもなく、幅も広く
こんなところをヒルクライムコースにしてほしいくらいです。
(昨日の大石田から大蔵や、真室川から秋田への道はイベントライドにいいな)

今日はもう途中までの予定に変更して
40キロほど、走り峠を越えて
山菜茶屋ざらぼうというとこで、そばを食べて、

知人に頼んでお迎えに来てもらった車に
乗り込み、安楽に帰宅。
帰宅してから去年の残りのアイスクリームのもとで作ったアイス、おいしかった。
店がほかにない部落で買った田舎豆腐と、
稲庭うどん、冷やしトマトサラダと食べましたが
なんのなんとおいしいことよ。

体力、筋力的には二日続けて100キロ越えの距離も問題ないのですが
予報で37°、暑い中走ると、どうも力をうばわれて
へろへろになるということが
はっきりしたので、無理しないことにしました。