読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

うさ撫で

f:id:holonholon:20160819213509j:plain


ウイスキーの小瓶をもって
そらちゃんのいる部屋に
移動してみました。

f:id:holonholon:20160819213518j:plain

不思議な感じ。
そらちゃんはずっとそこにいて、

なんとなく寂しくなって
そらちゃんのいるとこにいって

f:id:holonholon:20160819213530j:plain

ちょっと飲みます。
ここは、バーのカウンターですか
と。

そらちゃん、心得たもので
ぼくがいると、急にむしゃむしゃ

f:id:holonholon:20160819213542j:plain

そして、しばらくして、
なでてほしいの。

と見つめます。

見つめます。

f:id:holonholon:20160819213553j:plain


もちろん撫でます。
丁寧に言葉をかけて。

そしてうっとりしたその顔を見届けて
ぼくはまた自分の部屋に。

どこも自分の部屋なんだけど、
とりあえず、すべてのものが手の届く意識の範囲にある
自分の部屋で、ネットをしながら、音楽を聴きます。
そういう意味では自分の部屋という定義はそらちゃんと一緒。

f:id:holonholon:20160819213604j:plain

全力でぼくを求めてくるそらちゃんに
いっぱい答えたいけれど
そらちゃん、部屋をでると、からきし
不安でびくびくなので、自分の部屋に連れてきて
遊ぶこともできない。

それぞれの領分というやつの中において
とてもいい表情としぐさです。