読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

軽量ホイールがいいとは限らない

 

rbs.ta36.comう

↑という記事。

軽ければ…
バネしたが…
と従来からの伝説が。最近発展し、とくにホイール全体の中でも
リムの外周部の重量が…ということになっているらしい。

ここでもか と、思うのです。
うそではないですが
軽さがすべてではないという人も業界のなかにはいるので
そこは救われます。

だいたい、この実験、最後までやっていないで

途中で切れています。延長上に上り坂も作っておかないと。

 

慣性というのもあります。
これは外周が重いほど、働きます。
ですからこのビデオ、慣性が働くまでは遅いというとこだけですが
(こぎ出し)
ビデオが続けて、このまま登りに転じれば
ふたつは同時に同じ高さで止まるはずです。

 

つまり高速度で、長時間走る場合、つねに踏んで
回し続けなくてはならない軽いホイールより
少しづても休められる重いホイールのほうが、
速いということも逆説的に言えます。

ホイールと関係ないけど、そばは小麦粉を混ぜないほど
特に十割そば100パーセントだからいいという論理があります。
職人の技術のはずの十割そばこそほんものだという機械化したフランチャイズ店も
増えていますが、それもすごくわかりやすい組み立て。
そういうロジックで語られることは怖いこと。

違う意見がねじ伏せられてしまう
趣味の世界なのに、それはつまらない。

軽いほど正義、とてもわかりやすくひとを説得させやすいです。
けど、とある場面では慣性が効く、タイムトライアルのような
重いホイールのほうが早い場面もあるので
ゆめゆめ、錯覚させられませんように。

書いてて途中でめんどくさくなったので

すみません、荒っぽい文で。