うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

どきどきしながら喫茶店

はじめて入るその喫茶店
倫敦舘という店名に惹かれた、その
二階への狭い階段をあがるとき
そして中の見えない重たいドアに手をかけるとき
どきどきするのを感じ

そしてそのどきどきが
ただ不安などきどきか、それとも背筋が伸びるどきどきか、
その時に入ってくる感覚情報を頼りに
対話し、

思う、正しいどきどきだと、
扉を開けて、思わずホッとしました。


そこには異空間が広がっていて。

珈琲もケーキもやさしい。
けれど力強い味で

コーヒーとケーキで800円
でも この幸せ感には換算できない
神田の古い店のような懐かしさもあり
この店のファンに一気になったのは、いうまでもないこと。

知らない店は日常の冒険。

最近は入りやすいカフェが多いけれど
神田なんかもこういう店が多かったな。

 

 

 

今度入り口に書いてあった、ココア飲みたい。