うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

電波時計

f:id:holonholon:20170118223908j:plain


この時計、
原子のサイクルに合わせて動くので
一か月の誤差、ほとんどなし。

でも朝晩二回決まった時間に電波を受信して狂いを調整するのに
動く秒針。10秒~20秒ほど。

細かい事いうわけじないけど

月の誤差、ほとんどないというけど
ごまかされているような気がする。

時計という本質からは外れていないので
あくまで個人的なこだわりだけれど
それって時計というより、ラジオではないかと。

 

精度を必要とせずラフに作って
調整すればいいやという機械としての態度は
時計の本分というか、立ち位置を放棄している気がする。

自分はもはや機械式時計のような
古いタイプに属するようになってきてしまったのかな。


けれどやはり。

細部に神は宿るのだし、

そこを大事にしなければ
すべてが意味を失うと思うのだけど。

カーテンをあけて寝ているので
明るくなると目が覚める。

時計にはそんな自然と文明との接点を感じさせてほしい。

機械だけが目的を達成すればいいのでは寂しい。

 

傾いているのにはさほど意味はない。