読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

おかまです。

ガジェット

おかま、正確には炊飯器のコピーでよく言っています。

ガス並みにおいしく炊けるって。

 

…ガスで炊いたごはんをみんな食べたことがあるのかな

…そういう経験をしていないけれど
したような錯覚を狙っているのかな。

いやいや、それよりむしろ広告が他社の推奨をしているという
しかも、ガス並みにおいしいということは
ガスで炊いたご飯には及んでいないということなのですから

って、あれ?
まさかのガス炊飯器そのままでいいんじゃないか。
と、思い至って、一年、
ずっと試してみたくて、欲しくて。

でも、なかなか自転車にお金がかかって炊飯器買えませんでした。
誤解を生むかな、電気の炊飯ジャーはあるので
無駄かなと思っていましたし、

自転車の例えばタイヤ一本一万、それはすいっと考えず買えるのですが
すでにある炊飯器はなかなか。

 

けれど、どうしてもいつかは、やはりガス炊飯器、だったのです。

ぼくのあたまのなかには、いつも。


ガス炊飯器、一万円ようやく決意しました。。
きっかけは、速く炊けるということを知って、電気だと速炊きでも
25分かかるのに
ガスだと10分、もうこれは電子レンジで冷凍を解凍加熱するのに
匹敵する時間です、から、これは。

時間がなかったり、疲労度マックスのとき、
インスタントご飯や、冷凍ご飯を食べている場合ではない。

一個だけ引っかかっていたのが、内がまの下部分。
まさか中に水をいれて炊く昔のタイプではなかろうかと。
そう、昔のは内がまがあってその下に水をいれて
湯せんで炊いていたのです。(バリュミューダは蒸気利用)

f:id:holonholon:20170302212853j:plain

でもこれはそこも違いました。
ガス直火です。
もうなんにもいうことはありません、
カセットボンベも、その気になれば使えるらしい、
このいざというとき感はなんですかね
完璧目指さない、万能性。

どこが作っているのか、いいですね、こういう
国産中小企業的地味仕事。

さて、白米あした精米してこよう。
(いままで玄米食べてました)

あとは炊くだけです。
楽しみ。