うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

練習

靴の中でかかとが擦れて痛むので靴下二枚重ねして
なにかあると走って確かめるいつもの往復コース。

最初気張らずゆっくり目にスタート。
直してもらったはずなのにギアチェンジが相変わらず不調だな。
けれど、途中からそれが気にならないほど、坂がなんだか緩やかな
まるで平地の延長のようにみえて、不思議。

軽く感じるついでに坂はこの際アウター縛りにしてダンシングで
速度をあげて、平地は35キロキープ。
それ以上速度を上げても風の抵抗で無駄なので
疲れないよう筋力調整。

それにしてもほんとこの道はいい。
車に邪魔もされず、片道30分信号も大きな交差点もなく
ひたすら全力で走れる、
途中平地もあり、少しの下りもある登り基調で
調子をみるにはバツグン。

そしておもしろいと思うのは、ここでのタイムが
そのまま、泉ヶ岳のタイムとそのとき
いつもリンクしていること。

目的地のトイレで(トイレが目的地ではないです)
顔を洗って腕時計タイマーを見たら
今日は、26分でした、最高記録。
ここを走り始めたとき、40分とか頑張っても32分とかで
これは永遠に30分切れないんじゃないか
だれか30分、ぼくの代わりに切って示してほしいと
思ったほどでした。

今回あっけなかった。そんなに苦しくなく
むしろ楽?不思議なことにローラー10分と同じくらい。
ローラーって休みなく回さなきゃならないのがきつくて
あんまりしてないけど
そんなローラーでも役にたっていたということなのかな。

今回TIME。
今まで程、乗りにくさがなくむしろ
TIMEをねじ伏せながら乗れたような感触がありました。
なんか今日は、乗っていてなにかむずむずするというか。
それがなんだかわからないのですが
もっと速く走りたいよーと言っているようで
TIMEの癖がつかめてきたみたい。。

そういえば、ぼくは自転車の練習を自転車ではあまりしなくて、
ただ、筋肉の使い方をイメージして
30センチ四方の床の上でしていることが多いのですが

実際乗った時、タイムが望む乗りに気づき
それと同じ乗り方をクロモリですると
クロモリもうまく乗れる というのが、自分のなかでツボ。
それをさらにTIMEにフィードバックすると
ますます、こいつオモシエヤツ、となったのが今日

会津美里でのレースクロモリで出ようと85%思ってましたが
今日乗って、やっぱTIMEで出ようと。
だって乗っていて面白いほうがいいもの。
この流れは予定済みというか計画に織り込み済みだったわけだけれど
予定外は頻繁なギア落ち、本番でそれだけはご容赦。