うさぎとピクニック

うさぎと暮らす、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

考察

自転車のことばかりでごめんなさい、

 

◆腰が痛いぎっくり腰でなぜあれだけ上体を曲げて
ペダルを回せられるのかと、不思議です。
ハンドルにつかまって支えているようでそうでもないような。
上が動かないので腰から下だけのペダリングでカラダ全体使っての
力強い踏み方はできないけれど、静かに回すことだけはできるみたいで
それは先日のレースで、そこそこのタイムだったということで
もしかして踏むよりきれいに回すことが大事なのかも。
と、無理やり結論づけてみるベッドの上。


◆体重が減るとヒルクライムで 有利だとか言われるのは軽量化だからではなく
心臓の負担が減り 心拍数がたやすくあげられるからだという気がする。


◆平地もしくは緩い下りで口を開け、40キロ以上でペダルを回すと
息をしなくても大量の空気が勝手に肺に飛び込んでいく感覚があり
これは一種のターボなんだろうなと思う、楽しい感覚。
でも、街中でやるときはエアフィルターが必要。


◆太ももの付け根の骨を動かす感覚で回すと楽で
同じ結果を生むなら、楽なのがいい。
山歩きにしても付け根から動かす方が労力をいらない、ただきっかけだけに使う筋肉。
振り子のように力を少しいれて末端までむちのようにしならせる感じ。

 

◆高校の時、自転車で榛名山や、箱根伊豆や
軽井沢霧ヶ峰、富士山、大きな荷物積んで自転車旅の行く途中はいつも
高いところばかりを目指していた、あの旅の先、

数十年とびこえて、荷物減らして楽に走る感じをいま味わっているみたい。
新鮮でなかなかいい景色。
ただ気持ちに身体がついていかないのが…。


◆ひとの後塵を浴びるだけの絶対勝てない、でも出たいレースは
タイムトライアル。比較のしようがないのですが、先日のタイムトライアルで
一時間近く、ハンドバイクでぐるぐる回しながら
レースに参加された方がいて、それがまたレースの一つ。
自分のできるカテゴリーの中で精いっぱいがタイムトライアル。
ひとと競うレースではなく、自己の記録としてのタイムレース。


今度の夏油ではたくさんの人が走るみたいなのでたのしそうです。

夢の舞台に出るべくさっきローラー久しぶりに回してみました。
ぎっくり腰が痛くないように、痛くないように、静かに回すのも
練習の一つかもしれない、と思ったのですがやっぱり痛くてすぐにリタイア。
けどいまなにもしなければ、後退しかないれど
いまなにかすれば、次につながるかな。次へのヒントになるかな。