うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

思考しながらスクワット


来月に行われる秋田のサイクルレースのレース運びについて
不安抱えつつ体力的戦略的にあれこれ考える日々です。

風が海風なら、中にいたら抜けられないから、
イン側キープだろうか、最初は後ろのほうにいて、足を温存で
最後の周周囲の速度が上がる前に、速めに上がってとか。

けど、結局、レースなんだと
レースなら、先頭近くに位置取りをしていないと
つまらない、勝負すらならない
負けても勝って…いや完璧に負けるけど、
それでも先頭集団に少しは絡まないと、なにしにいくんだかわからない。

経験を積む?
それは結果としてであって、まずチャレンジしないと。
最初から勝負を避けていては。
それで結果びりでも、それは恥ずかしいことじゃない。
途中で勝負を投げることのほうが恥ずかしい。

中学の時に、徒競走で一位になれそうもない、と悟った瞬間
頑張るのをやめ道化として自らびりに落ち、手を振って走ったことがありまして、
そのあと短距離は二度と真剣に走らなくなった。
残ったのは、真剣にやっても一位になれなかったという事実だけで
真剣勝負を投げたあとの自分にはなにも残ってなかった。

いまはとにかく、
前を狙わず、脚をためるとかいう走り方はしないつもり。
気持上の基本は「逃げ」
でも現実、自分のTTの速度では集団から逃げることすらできない…。
やっばりだめだ、
まず集団に一周ついていけるかどうか、

あれこれ思考巡らせた末、
走らずして地団駄を踏む、毎夜。
そしてだからいつも酔って夜中に、スクワット。

それすらなにかの役に立っていると信じたい


とりあえず来週の旅のミッションは
平均時速30キロであまり休まず、持続の練習。
実際その速度で走らないと昼ごはんも食べられそうにない
終電車にも間に合わない詰め込みスケジュール。。
自分で追い詰められないと動けないタイプなので。