うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

角館から男鹿半島へ

大雨、土砂降りの朝、3時45分に出発。

秋田に入った途端晴れ。
雨の形跡もなく、ほっとする。

角館に7時半つき支度をして自転車で45分に出発。
重たい曇り空。

今日のテーマは、脚の回し方と、ケイデンス重視
そして疲労度の考察。

そして目的地は、三か所。
男鹿半島の展望台である寒風山頂上、男鹿半島突端の入道崎
そして宿の温泉。

なるべく、走りやすい道をと予めルートラボ
ルートを作ったら、広域農道メインになり
そのため、最初の二時間まったく自販機やコンビニがなく
山道を上がったり下りたりという
そのかわり交通量、信号共にない、自転車にとっての高速道路みたいな
走りになりました。

 

 

一時間半ほど走ったら、いきなりほんとにいきなり
土砂降り。走った時の身の危険を感じ
かろうじて、路肩の木の陰に難を逃れたものの
降り続く強い雨に木々の葉もうなだれて
全身水滴にまみれるのでした。
ただ、絶対濡らせないのが「防水機能」を失ったスマホ
ルートがわからなくなるので。

f:id:holonholon:20170826195917j:plain

濡れながら立っている気分はトトロ
その厚い雲に張れるのか不安になったけれど
よかった、20分ほどで、明るくなってきて
ほっとしました。


とりあえず、第一の目的地を目指して再開。
日差しが眩しい。
水の補給をガソリンになぞらえ、15分置きに
飲みます。

~中略~

f:id:holonholon:20170826195952j:plain

あ、知ってるとこに出た。
去年、男鹿半島ライドに出たとき、ここで、
なにかの魚の炊き込みご飯をいただいてむさぼり食べた。
おいしかったなあれ。

 

f:id:holonholon:20170826200023j:plain

 

いよいよ、寒風山を目指します、
ここ平地からいきなりそそり立っています。
変な山。
登りにかかったら、追い越し際、窓を開けた助手席のひとが
なにか叫んでいます。追い越したその車の運転手がぷっ
とホーンを鳴らします、なんだ?
ガンバレ?
勝手にそう解釈。
がんばろう、と思ったらいきなり傾斜すごいよ。
工事のところでは、ダンシングしたらスリップ、スリップ、スリップ、
三回繰り返して、あ、もうだめ、コケル
と一瞬思った…四回目にしてグリップして
なんとか、でもそのあとも結構きつくて

これは、なにか傾斜があるのか、それとも
自分の体力の限界ってヤツなのか?

ここで初めて汗が噴き出ました。

この時点で100キロでした、
そのあともまさかのケイデンス40時速7キロ…。
最低 。坂は急だけど そこまでは…
おわった、と思った…。

f:id:holonholon:20170826200205j:plain

寒風山、山頂にぐるぐる回る回転展望塔というのがあって
乗らないけど、面白そうでした。
ここまで、補給ジェル二つ、おにぎりひとつ、パン一個だったので
ここで、コンビニサバ寿司三貫補給。

f:id:holonholon:20170826200232j:plain

 

下りが気持ちよかったけど、いつものよっしゃーっという切れがなく
ぼうーっとして
いくつかのカーブ危なかった。
なんで今日はこんなに疲れた、
この時点で160キロは諦め、エスケープルートに決定したのでした。

100キロと言えば、いつも回っている距離。
近くをまわってるときと同じなのになぜ
きつく長い?なぜ?まったく休みなかったから、そのせい?

ここまで(一日)ロード自転車一台もすれちがわなかった
正確にはママちゃり四台とすれちがっただけ。


入道崎まではショットカット。
ラーメンを食べて、

挫折感があるのだけれど 第二の目的地のここまでは来たし
よしとしよう。
ここ 入道崎の草原が気持ちよくて お昼ねをしてしまった。
これはこないだしそびれたこと
グラスボートもあるみたい、 灯台もまたこんど。

f:id:holonholon:20170826193720j:plain

f:id:holonholon:20170826193656j:plain


宿泊先。
温泉ゆもと。

f:id:holonholon:20170826200303j:plain


送った着替えやパソコンなど荷物がとどいていて、
宿の人もなんだか、歓迎してくれた。

f:id:holonholon:20170826200339j:plain

江戸時代の温泉番付で 那須についで、伊香保より上の小結
ここまでくるだけでも 大変だったのではないか
で だれかが全部はいったのかというのはまあ いいよね

f:id:holonholon:20170826200412j:plain

あいかわらず、ごはんがおいしい。
なにげないりょうりが滋味深い。
飯も三倍お替り、
もっとお持ちしましょうかのお言葉を頂くが、たべすぎても何なので
辞退


さて、ここで思うのは、いつにない疲労感、筋肉痛。
なぜだろ、ろくに休まなかったから…
検証しつつ、ブログ書き。

 

 123キロアベレージ22.3k