うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

裏磐梯スカイバレーヒルクライム2017 初参戦

f:id:holonholon:20170911021924j:plain

磐梯山を背景に集合

f:id:holonholon:20170911022018j:plain

開会式前

あとは、動画のまんまです。

 


惨敗。

敗因を探すとしたら、ひとつは平地で脚を使いすぎた。


スタートで前のほうにいて、すぐに列車になったものの
途中ちょっと詰まった時に、抜いていく逃げの三人四人が目に入ったので
そっちに追いつくべく、集団を離れ加速。
時速45キロ
ケイデンス気が付いたら120回転

 

逃げ集団においついて、そっちを風よけにして
さあ楽しようと思ったら、
あれ。


先頭がどんどん代わり、ぼくが促されるまま先頭になってしまい
たぶん数百メーターくらいですが先頭をひかされてしまい
(先頭時速36キロペースは自分にとってタイムトライアル)
で、一気に息があがり疲れてしまいました。

 

そしてすぐに逃げが後続集団に吸収され、
もうあとは最初の峠の入り口をまえに抜かれるまま
自分一気に戦線離脱。

回らない脚に、終わったとこのとき思ったのでした。
軽いギアでしばらく回していたらやがてだんだん
重さは抜けて来たけれど、一度息が上がってしまうと
もうなかなか…やがて、
今度は高所に上がるにつれ息が苦しくなってきて、

 

最後のスパートはすこし頑張れたし
途中まだまだなんとかなったんじゃないか
と、あとでは思うのですが、呼吸が脳みそを通して
もうこれ以上はだめ、とSOSを発信しているので
筋肉も、まあじゃあこの辺でと、
踏めない回せない、感じでした。
回したり踏んだりすると呼吸も筋肉も一気に崩れそうで、
薄氷の上を恐る恐る渡って登る感じはいやらしかった。

 


タイムは平凡、遅くはないが速くもない。
筋肉痛がいつになくあるので、頑張ったんだとは思うけれど。

一年この自分の悔しさを忘れず抱いていよう。
来年この失敗をいかして少しでもタイムを縮めたい。

 

f:id:holonholon:20170911022156j:plain

ゴール地点山形側

f:id:holonholon:20170911022244j:plain

それにしても、運営はかなりよかった。
すぐ渡される、リザルトはすごいし
食べる場所があまりないので、山頂でのパンや
戻ってからのトン汁が、ありがたくおいしかった。
前日にいただいた、Tシャツはペンション泊りの夜に早速。

 

いまから、やけ酒