うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

古殿町へ

写真は丸森のやしまや、コーヒー頼んだら「漬物とカキあがいん「(かきたべなさい)

f:id:holonholon:20171029192607j:plain

さて、土曜あさ八時半、寒いか暑いか、雨かと
服選びに迷いながら
経費節減のため下道を福島県古殿町まで向かいました。

f:id:holonholon:20171029193631j:plain

先週の台風で阿武隈川があふれたような川沿いの道路。

 

目的地は、古殿ですが国道349号線を今後のために
走るという目的もあったのですが
結果は、意外に長く遠く運転に疲れてしまった。
福島に入ってからは
田舎道のいい風景は満喫できたけれど
クルマではやっぱり高速って便利かも。

 

 

f:id:holonholon:20171029192732j:plain

 

そして昼過ぎ、台湾人の店でランチをした後、試走しました。
セットでてっきり半中華だと思ったら全部フルサイズでした。

f:id:holonholon:20171029193727j:plain

感想としては、きつかった(ランチも、試走も)
二回は走りたくないなと。

そんなこんなとりあえず、レースシミュレーションとしては
一週目、がんばらない。下りでこがず休む、二周目がんばらない。
という感じで脳内組み立て終了した感じ。
一周でからだが壊れかけました。
あと、長袖では暑い。

 

それにしても、あんなに急な下り坂でしかも急カーブの連続でレースとは
こんなとこ普通の人自転車で下るだけでブレーキ掛け続けてて
どきどきもんでは?まさかここでレースしないでしょという下り坂。
そしてそこから長い登りのその
一周で脚をつかいきったぼくでしたが、
まわりはけっこう二周三周グルグルしてました。
とほほ。

 

心拍は平均161 最高178。
平均速度23.5、最高速68キロ
一周約30分弱 距離12キロ
これを目安に明日のレースに臨もう。

 

この日とまったのは温泉旅館。
とくに料理自慢ともも温泉自慢とともうたっていない
大手旅行予約サイトに登録がないので
電話で直接予約しました。

いろいろ不便なところもあるけれど
家族経営で忙しいのだと納得すれば、
いいところでした。

温泉は滑らか、自噴でペンハー9、2。
循環ではないそうで
もちろん塩素臭もなし。

f:id:holonholon:20171029192946j:plain


食事は量も質もすごい。
デザートがすでにおいてあるのは配膳の都合らしく
こういうのは愛嬌、先に食べたいひともいるかもしれない。


おもしろいのは、
ごはんに松茸の姿がないのに、マツタケの風味がするので
給仕さんに尋ねたら、「気のせいですあはは」と言われたものの
そう言いながら「おひつのふたをあけ香りたしかめて次に
「あれ?しますね」
「板さんが魔法つかったんですよ」
タノシイ

f:id:holonholon:20171029193005j:plain

手作りのチーズケーキの生地はビスケットなのだとか、おいしい。
パイナップルのカットは手間がかけてありどうやって切ったか一瞬考える、
よんぶんのいち芯がついているけどカットしてあるというパズル。

f:id:holonholon:20171029204936j:plain

こういうのがいいのです。芋の子ときのこ煮

自分好みの宿は 古い建物で、掃除がいき届いていて
料理がインスタントがなく工夫して作ってあり
地元で食べられてるものであって、安くて、天然温泉の…
(書くとすごく贅沢な要望だ)たいていそういう宿はネットにはなくて
地図から名前を探して 電話で申し込みというのだと外れがない。
宣伝費をかけているところはいろいろ首をかしげるとこが多いです。

 

さて、明日のレース、自転車は今回クロモリをチョイスしました
登りと急な下りの急カーブが連続のコースレイアウトということと
雨天予報もあり安全なコントロールを質に入れて争いを
コンマ1秒までもっていくこともないので。

はやく寝たらはやく目覚めてしまい窓の外、だんだん強くなる雨音をききながら
2時からの時間をもてあまして悩む、はじめての下りを含むレースと雨模様。


で朝五時すぎ、台風が来ているので中止の発表がHP上であり
仕方ない、とあきらめて、朝六時過ぎご飯をがっつりと食べるのでした。
いわきから自走できたという、24才の若手と早めに作ってもらった食事しながら
話をすると、来週宮城クリテから、かつらおまで連続参戦しているというので
来週会うことを楽しみに。

f:id:holonholon:20171029193152j:plain

帰りに宿のひとにキノコご飯をおみやげに頂き
カンのお茶もいただき
なんとも至れり尽くせりの思いに、福島のやさしさを知りました。
あたたかい、ほんとうに。
すでに周りにある痛みをつぐんで口にしないけれど
それは戦争のことをおじいちゃんが話したがらなかったということと一緒なのかもしれません。

f:id:holonholon:20171029193208j:plain

0.08マイクロシーベルト/時


今回なんと宿泊代6500円と、レース3000円なので安く済んでしまって
その分帰りにあちこちグルメしながら帰宅なのでした。

来年はすこしレース参加を絞る予定ですが、
そのなかで参加する数少ないイベント候補筆頭に
上がったのがこの古殿で、この旅館(つるや)でした。

 

古殿は原発からの距離約50キロで自主的避難等対象区域。

人口約5000人、世帯は約1700戸。