うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自分の日々

勝手なつぶやき

秋の陽だまり練習

自転車と、うさぎという文字が載っていると
ぱっと、目に入ってくる新聞です。

うさぎ、という文字はあまり見ないのですが
夕刊だとたまにあってうれしいぴょん。

f:id:holonholon:20171112194741j:plain

自転車という文字スポーツ面だとあるので開くたび、すこしワクワクで
見つけるとうれしいもの。
社会面でも見つけたと、思ったら事故だとか、、
倒産寸前自転車操業だとか、なんだかんだ。


さてと昨日の木枯らしとうってかわっていい天気のきょうでした。
風は西風、けれど青空の日差しが心地いい。
散り残ったモミジが山に最後の色合いを残しているので
これから向かえる冬をまだこないものとして
どこかに追いやってしまいたい気持ちで眺めます。

 

船形山近くの山道を往復予定で
スタート地点の七つ森直売所で、おにぎりを買いました。
添加物を全く使ってないおにぎりということもあり、
お気に入りです、ここまでの途中で食べたりせずここでいつも仕入れます。
そしていつものように外で食べようとしたら、マイタケ汁という
テントが出ていたので、薄着の自転車着なのであったまろうと
頼むと、無料とのこと。

なぜ(・・?
エイドならわかるのですが、いいのかなと思いながら
ありがたいふるまいにお相伴になります。
これが、キノコのだしと、ごぼうの風味がしっかりおいしくて
肉など入っていないのに、味噌もいいのでしょうね、
おいしくて。

f:id:holonholon:20171112194808j:plain

さて、走り出して、こないだキツネが待ち伏せをしていたところ
いるかと思うながらも通過。
いなかった、…(車で通るとわざと、直前ひだりから出てきて
ブレーキを踏ませて、そして運転席のほうに来るんですね。
あの賢さ、つい何かあげそうになるという、いやその作戦で
なんどかお相伴にあずかったのでしょう、覚えたんでしょうね
やり方を。
どっちのの車線から向かっても、かならず左から進行車線線をふさぐように
前に出てブレーキを踏んで止まりそうになるとセンターライン側に回り込む)

行はずっと登りなのですが、ピストで苦しみながら昨日登った経験から
このくらいならと、アウターのみで登り切ります。
ピストって練習になるかも。ダンシング、踏み込む、回すが、かなりの頻度です。
往復の帰りは下りで気持ちよく、アウタートップで、バイクに追いつき
追い越しはしないけれど、うしろから追いついてきたバイクとの間に挟まれながら
下りコーナーを駆け抜けます、気持ちいい瞬間。

多分今年の気持ちいい日曜の日中はこれでおしまいかな
来年のレースの申し込みは元日から始まります。