うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自転車、自分の日々

勝手なつぶやき

いったいいつから

大福ネタにスペースをとられて書けずにいた、二題です。

さかのぼりますが
木曜と金曜日の話で、まずは金曜から。

 

仕事で住宅地を走っていて、止まる寸前になると
ぐるるるると、ブレーキパッドがこすれるような音が微かにしました。

 

はて?こないだパッドは替えたし、そういえば一昨日も音がしたから見たけど
パット減ってなかった、気のせいだ。

そう思って次の目的地に向かうも、今度はもう少し大きくなったような。
そして、次に向かうと、さらに大きくはっきり大きく聞こえます。

これは?まずい?

なにがあったのか、とにかくなにか原因があるはずと
パンクではないと確認したホイールをさらにのぞき込みました。

あっ。
原因がはっきりそのときわかりました。
ナットがない、しかも二本。

f:id:holonholon:20180313195338j:plain

 

参考に反対側のこないだパンクしたホイール。

f:id:holonholon:20180313195412j:plain


これは、緩んでガタガタになって音がしたんだ。
あと二本、いや一本ゆるんで脱落したら一貫の終わり…


かといってそれを締める道具はもっていないので
ガソリンスタンドまで数キロ、走ることにしました。
そろそろと。

 

そろそろっと。


生きた心地がしないまま、スタンドにたどり着き

ほっとしてもう動かしたくないという思いで、みてもらうと

これ、折れてますよ、ハブボルトしかも二本とも、とさらりとおっしゃる。


ディーラーでないとできないのでやってもらってください
一応締めてあげます、とキコキコとやっていただき
大変助かりました。、そのあと二本では強度がたりないから車載で、
とスタンドの人も電話でアポとったディーラーのひとも
脅すので再び、どきどきしながら10数キロ先のディーラーを目指して
出発。

それまで、ふつーに走っていたのに
気が付いてしまうと怖いのなんの。
なるべく振動を与えないようそろそろと。

音も振動もしなくなって走りやすくなったものの
まるで爆弾 頭の中で折れたねじを思う
対角線上に残っていたからまだよかった。

いったいいつからこの状態だったのだろう
思い起こせば、火曜に小さい交差点を左に曲がった時
なにかゴキっという音がした。
そのあとなにもなく、あれ一回。
そしてそのあと、なにか擦れる音がたまにした。
そっか最初はあのときだ。
二本目はそのあと、一つ足りないことで荷重がかかり
耐えられず破断したのかもしれない。

ということは…と運転しながらだんだん怖い妄想に。
三菱トラックの飛んだタイヤの事故を思い出しながら。

時速50キロ未満で仙台北環状を泉中央から愛子まで。

で、
ディラーには無事にたどり着いて、ほっとしたわけですが
(費用は14,000円ほど)

どうしてそうなったらいつからという理由は不明のまま。


で、さらにさかのぼる、その前日の木曜には
ケーサツを呼んだ事件があり、これも
いったいいつから、なぜという話です。
長くなるので、明日。