うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自転車、自分の日々

勝手なつぶやき

ケーブル交換

高級スピーカーケーブルですが試した結果、元に戻しました。
結構価格はそれなりにしたし
効果はとある方向にあったのですが
自分の望む方向ではありませんでした。

とても高域へ延びる方向で、刺激的になって
耳に刺さり、透明感が増した分心に染みる
タメというか響きの部分が無くなってしまったのです。

以前はただのOFC平行ケーブルで、変えたものは
同軸のシールド重量級でしたが
ぼくの耳には平行のわりと付帯音がつくタイプがいいみたい。
おくに引っ込むようなのが良くて
あまり一聴していい音と思う音は好きじゃない。

電気の特性がいいというのもいいばかりじゃないってことです
電源ケーブルでも音がかなり変わるのですが
これも太ければいいというものではないので、
ほんともうよくわからない。いい素材や高いものは抵抗が減るのか
それぞれなんとなく音量が大きくなり、高域に特徴がでますが
問題は中域の質を変えたいとき、なかなか試行錯誤しないと
そこに当たらないことです。


そういえば真空管アンプというのも同じかもしれないです
かたや真空管というのは懐古主義とか、見た目が
あるので比較の仕様があるのですが
ケーブルはその装置や好みによって違うので
変化がわからない場合や、いいほうに変わる場合もあり
なんともいいにくいのでしょう。
これはいいとか、これはダメとか。
今のネット主体の、画一的総口コミ時代は特に。

本人が試して体験して、はじめて言えることわかること。

雑誌や、なんかはほんと適当、新しく出たものを
とにかくほめる言葉探し。
これはケーブルだけでないと言えますね

とにかく今回は真空管パワーアンプ電源ケーブルを変えたら
うるさくなって、夜おちついて聴けなくなったので
パソコン用のに変えたら、混んぢは団子みたいなレンジの狭さ。
しかたないので元の純正に戻し、プリアンプに新しい電源ケーブル
使ったら高音が強まりちょうどバランスがとれたみたい。