うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自転車、自分の日々

勝手なつぶやき

ひとつの経験がつぎの体験をつれてくる

 

冬に走っててよかった あれが小さいながらも財産になっていました。
100キロはノンストップで、走れていた。
峠含めて200キロは普通の速度で走れていたので
それが今回のブルべ参加につながっていました。

そうなると今回を踏まえて少しセーブして
山岳含めた200キロはどうだろう とか
思います、 今後とも300未満までかな、仕事もあるし。
どちらかというと200キロのなかでスピードを追及していきたい。

来週の旅では初日140キロ、2日目120キロ
暑ければお昼寝して休むこともテーマにしてさらに研鑽。

面白いですね、ひとつの経験がつぎの体験をつれてきてくれます。
ひとつのチャレンジが経験になり、自信が不安を無くしていく。
山に登りはじめた高校生の時代を思い出します。

自転車って不思議。
ぼくはたぶんただランニングしようとすると1キロも走れないと思うのです。
誰かと競争なんてとんでもないこと
山形の田舎の村の運動会に若手がいないからと応援に駆り出され、
50メーター全力疾走したら、びりだったこととが。

それから20年、そんな自分にして
自転車だと年下に勝てることがある これはなんだろう。
筋力とは違う部分で勝負している気がして
道具を越えなんだかおもしろいんです。

そうそう先日チェーンを洗ってごみをとり新しくオイルをさして
ブルべに臨んだのですが、これぜんぜん違うもので
驚きました、チェーンを洗っただけでちがう滑らかさ。
たかがチェーンを洗う?それでなにが違うのかと思っていたのですが
脚とホイールをつなぐのは唯一チェーンだけ
かんがえてみると大事にしなくてはならないパーツのひとつでした。