うさぎとピクニック

うさぎと、おもに自転車、自分の日々

勝手なつぶやき

角館から八幡平大館へ  食べたものとか

食べたもの編

やっとのことでたどり着いた頂上なのに、そこのレストハウスときたら
眺望どころか窓すらない地下にあるのはさびしい…
さらに食べたカレーはレトルトとおぼしき風味900円。
なんどか呼ばれようやく気付いただれかお客が取りにいくと
自分の番号覚えといてくださいねと
おそらく二度とこないであろう観光客に向かって
せかせか言葉を投げる女性
繁盛していそがしいんでしょうが
今回の旅の印象がいきなり悪くなりました


旅館の愛想のほうはこちらは
とくにいいわけではないけれど、予約の時に相談した朝食時間のこと
ちゃんと覚えていてくれたり必要なことはやさしい
そのぶっきらぼうさが
はっきりしてかえって居心地よかったです
大きな全自動洗濯機は自由に使え
大きなお風呂もまさかの24時間oK

道路工事のひとの宿泊が多いのかも
それで心得ているのでしょうか
量がすごい、質もいい。
宿泊がひとりで申し訳ないほどの料理の数々。

f:id:holonholon:20180822195100j:plain

ご飯粒がつぎつぎと躊躇なく塊のまま口の中に放り込まれていくのを自覚
気が付いたら五膳、たぶんご飯1キロちかく食べてました。
(ふだんは180g以下)

家庭料理みたいでありがたい。
だいたい値段がこれで6500円というのに
赤魚の西京漬け あさりの酒蒸し まぐろの刺身
ジンギスカン 冬瓜の煮物またそれぞれの量がたつぷり

あさりやジンギスカンの火をつけるのもセルフ
後でゆっくり自分でつけたときには
もうご飯がなくなってました。
こんなにたくさんそしておいしいのはじめて
ありがたかった
1日の疲れがこれでとれた気がします。

f:id:holonholon:20180822195154j:plain


朝ごはんは通常よりはやく六時半にしてもらいました
たすかります。たまごやきが2個くすぐる豪華さ。
原価や手間はたいしたことないけど気持ちがうれしい
さすがに朝は二膳に抑えました。

 

ライドではもともとあまり止まりたいほうではないのですが
今回はコンビニでは二日間で四回ほどとまって
口にしました。
糖分の入ったものは管理をしているので買いません
持参の粉糖でカロリー十分、
固形を買います。
あれだけ食べても、昼前にはお腹が減ります。
二日目初めてとまった鹿角

眠かったので珈琲をコンビニで求めましたが
失敗しました眠くてもライド中コーヒーはダメでした

尿意がすごくなってしまって。
そのあと何回軽犯罪法に当たるかもしれない行為に
走る羽目に。

 

f:id:holonholon:20180822200256j:plain


大館に行った目的は、映画館自体とロビーに住んでいるうさぎさんに会いに行くこと
うさぎさんのてっぴーちゃんがいなかったらあるいは
今回の旅もなかったかもしれません。

f:id:holonholon:20180822200317j:plain

【ロビーにてっぴーちゃんのおうち】
オーナーさんがロビーを探して椅子をひっくり返し佇むうさぎちゃんを
みつけてくれて写真を撮って満足

f:id:holonholon:20180822200340j:plain

f:id:holonholon:20180822200427j:plain

【昼寝のじゃまされ むくれてる】
あとは映画。
20分遅れだったのもあるし全く情報がないまま見始めたので
はて、これはなんだという感じ。
インド映画なのか言葉がなしみなく、画面は濃い総天然色、
ストーリーはいきなり歌い出すとかでついていけず
貸していただいたタオルケットにくるまって
しばらく目をつぶっていたりしたが
マトリックスとかベンハーとかリア王とか水戸黄門とかところどころ
なにか親しみがあるエンターテイメント時代劇な感触に
だんだん目が離せなくなり気が付いたら見入ってました。

で、二本立てなのかなこれ
「あなたをうらぎったのは私だったのです」という元部下の 告白で
終わってしまってあとはもう
時間なく映画館をあとにしたのですが
気になる もっかいみたい
バーフバリという映画でした。
御成座ももう一度いけたら行きたいけれど叶うでしょうかね

f:id:holonholon:20180822200726j:plain

心の中で存在をずっと思って行くことができた三年目

twitter.com


映画館をでてさっき口にしたとはいえまだお昼をちゃんと食べてないし
どうしようかな、まあ食べなくてもいんだけど
と思いながら、道の駅
とくに買うものもないし(持ちかえれない)素通りしようとしたら
比内鳥の親子丼と書いてあります
まあご当地の鳥だなんだとあまりぼくは信用しているわけではないので
とくどうでもよかったのですが
食べてもいいかなあとの道ではなにもなさそうだしと
入りました、混んでいて待ちますか?
と聞くと、相席ならというのでいや
提供に時間がかかりますか
メニューによります
親子丼は?
すぐできるというのででは
と入りました

f:id:holonholon:20180822195251j:plain

【つやっつやで見た目文句なし 神々しくもある】
ほかに食べるとこがない観光客らしき家族づれで
賑わっていて、忙しそう
ぼくのコップの水がないのに
そのコップを持ち上げてどかして
料理を提供してとくに入れてくれるでもなくおしまい
なんだかやっぱり余裕なくぱきぱきした対応で
やさしさというか来てくれた人に対し
感謝とかもてなそうという気持ちが感じられません
邪魔扱いされているみたいで
くちにかっこんで入店して10分で出てきました。
なんか冷たいなあ。。
比内鶏のブロイラーなのかなとてもやわらかく食べやすかった

 


阿仁合の駅では4時過ぎ
駅舎のこぐまカフェで
ファカッチャというの初めて食べました450円

f:id:holonholon:20180822195347j:plain


パンズがモチモチなパンで中身がビザみたいなスタイルは
ハンバーガーのそれ。でもまさかここでこういうしゃれたものを食べるとは。

f:id:holonholon:20180822200748j:plain

【自覚してないけどローソンが好きなのかも】

パンフレットなどは持ち帰りませんがレシートは持ち帰って
後で見ると、時間や価格や、記憶をたどるヒントになるのでよくやります。
ライドで疲れているせいか前後の記憶が錯誤することも多いので。