ぴょんとくるくる

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

自転車の吸水(給水)ボトル

乗り始めたときになにも知らずに買った、
CAMELBAK ポディウム保冷ボトル

(写真左)

f:id:holonholon:20190416205345j:plain



たまたまですがいちばん適切だったような気がしています。

ただ疲れてきた時プッシュする力が入らないことが多々あるので
この際、他のを知らないせいこともあり
去年いくつか試しに買ってみたのでした。

容量が小さいもの、太いの、一回の吐出量が多いのとか
今年に入ってサーモスタイプとか。

使ってみるといろんな問題があるもので、
帯に短し、使えば使うほど答えが見つからず
プッシュしやすさ以外に、長さ、太さ、吐出量、も気になる。
色とか重さは別にいいのだけれど。

歯で引っ張ったり、手でふたをしたりの手間がなく
ポディウムのボワっと口の中に放出される感は魅力的で
でももう少しプッシュしやすく、容量も欲しい(保冷タイプはカサの割に少ない)。

ボトルキャップの取れない部分に黒カビ発見して今回
買い替えのつもりで選んでみたのは、保冷機能のない
ボティウムの新型と、エリートのフライ

大きさはほぼ同じ、
けど水を入れてみると保冷機能がない分、一割多く入り
エリートは軽く薄いのでさらに一割多く入る感じ。

押した感はエリートのがむちゃ軽い
握力の減るロングライドには容量も多いし
これがよさそう。
ボディウムはレース時の息がしにくい時に一度に出てくれるからこれ一択。


もちろんもったいないので
黒カビのとれないキャップは新しいタイプのを
販売していたので使える部分を大事にリサイクルします。

(互換性は試してみたけれど問題なし)
気に入っているものなので。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07HGSDRNP/ref=ox_sc_act_title_1?smid=AN1VRQENFRJN5&psc=1

 

ポディウム 旧型保冷タイプ650ml 110g 2800円
新型保冷なし710ml 85g 1680円
エリートフライ750ml 58g 1200円

ポディウム610mlタイプは短い分取り出しにくく
押す場所が小さく、力も余分に入り
軽量化にしてもあまり効果がないので使用していません。
カブトのビッグバルブ500mlも同じ理由と、思ったより量が出ないので
使っていません。
けど、やっぱり捨てることはできない。

好きな言葉は無用之用
嫌いな言葉は断捨離