うさぎとなかよし

うさぎと、自転車、田舎での日々

勝手なつぶやき

うさぎさんを撫でる


前は朝起きてすぐ仕事に出ていたけれど
今はうさぎのたまちゃんをケージの外に出して、
10分20分ほど撫でたあと、ご飯を食べて出るようにしています。
一晩正座して待っていたたまちゃんもそれで落ち着く様子。
自分でそろそろ入る、とケージに戻っていくときもあります。


前は、お互いの自立生活を求めうさぎさんとは別々の部屋にいました。
いまは、いつも顔をみていないとお互い不安なため一緒の部屋です。
相手がなにをしているか、いつも空気を感じています。

前は、決まった時間にご飯を決まった量やっていました。
それがいいと思ったのです。
だけどいまは決まった時間に、食べ残すかもという量を
やっています。食べていたらつぎ足します。
だけど特に太りもせず、うんちも正常でとくに問題ありません。


前は、いちにち数十分部屋に出したもののいろんなものをかじられたり
狭いとこに潜って出てこなくなり苦労したので、
あまり出したりしなかったのですが
いまは、うさぎスペースをつくって、
そこではなんでも自由にさせています。
だからぼくも怒ることもなく、
むしろぼくがうさぎスペースにいるうさぎに、
こっち来て。どうしてこっちに来ないのというので
おじゃまするかたちです。
ぼくがうさぎスペースにいるととても安心するみたいです。

f:id:holonholon:20190625210422j:plain

ぼくの足に触れながら寝転がるうさぎのたまちゃん

なかで体操していると足元でひっくり返ってごろごろしています。
地震があってもなにも関係なく、心配して
ほかの部屋に行こうとするぼくの後追いをるほど。
まったくなじんでいて、恋人みたい。
ちなみにオス同士です。

たくさんの悲しいことがあって、ぼくも学びました。
そしてうさぎのたまちゃん気持ちにこたえてくれて。
ただあったかいね、と撫でている時間がたぶん一日の中で
一時間くらい。
疲れているときほど長くて、ときにそのままうたたねのときも。

f:id:holonholon:20190625210508j:plain

手の下に潜り込んでくる

撫でまわすのでなく
ただ、そっと頭の上に手を乗せているだけ
赤ちゃんの時からずっとそうしていました。
ぬくもりのわけあい。

すべての動作はゆっくりと。大きな声を出さない、怒らない。
みんな前のうさぎさんが願ったことで
みんな前のうさぎさんが教えてくれたこと
うーちゃん、くまちゃん、ことちゃん、そらちゃん

一泊でぼくが遠征に出かけて帰ると
ご飯山盛りにしていたのに半分くらい残して、
時に自分のお腹の毛をむしって散らばしたり
ごめんね、
そんなときいつもよりたくさん撫でてあげるのです。